So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017/05/22 Johnny Angel

昼間30℃越えと情報流れてますが、建物の中はまだそこまで上がらず、快適な日々。
夕方、外は涼しい風で気持ちよく、やっぱり出かけやすくて... 今月5回目のライブです。

"Jelly Beans Factory":
1178.jpg1207.jpg
1180.jpg1208.jpg
1202.jpg
Tommyさん, 上村美智子さん, 中島かつきさん, 冨永ちひろさん, 松井優樹さん.

ニューアルバムのリリースが近々で、その宣伝兼ねたライブかも... と思いきや、
そうでもなく、このバンドで成しえる音 もっと見つけていこう... の、
普段どおりのJBFを聴かせて頂きました。

オープニングは定番, Suspender.
短めに終わったのかな~と思ったら、高速ビートの new arrange に繋がりました。
達者なリズム隊ですから、これがまた活きますね~
Latin Lover, ラテン? ボサノヴァ? ここで flute 加わって、豊かな音 広がりました。

1211.jpg

フルートをフィーチャした 雪見酒, アルバムにも入ったそうですが、
美智子さん, かつきさんのコーラスで始まりました。
主旋律はフルート伸び伸びのワルツで、完成度上がってきました。

1st 締めは賑やかに Tell Me - 少女時代 -
このタイトルStones 思い浮かべるのは私と隣にいたお客さんぐらいか...

1188.jpg1195.jpg

2nd, これまた定番の うしろ髪。出囃子にひと工夫ありました。
そして Milky Way Blues.
私はこの2曲の間に殆どの写真撮ってます。回重ねると、真っ暗なバックにも
少しは慣れてきました。

1197.jpg

元々ラテンバンドに参加されてる Tommyさんですが、
JBFでは初めてのボレロが出てきました。Sabor A Mi.
Trombone の甘く優しい音は、ボレロにもぴったりでした。

ラストは Barefoot Neighborhood (?)
迫力の音で締めでした。
リーダーライブも始めてらっしゃる優樹さん。
演奏中は下の写真とは別物で、結構な風格ありますね~

1205.jpg

記念写真でおしまいです。

1212.jpg
1213.jpg

次回はニューアルバムできた頃に。

2017/05/17 Candy

予報どおりに気温の上がらない曇りの日。春の観光シーズンもひと休みで、
地下鉄もそんなに混んでない。
しかし、Candy は相変わらずの盛況でした。

前回はトリオ+1, 今回はカルテットとして登場されました。

1174.jpg1155.jpg
1173.jpg1159.jpg
ヨシノミナコさん, 多久雅三さん, 荒玉哲郎さん, 斉藤 良さん.

アップテンポの2曲で始まりました。
Thousand Songs と words, words, words!!
Drums のリズムに乗って、piano, bass も軽やかで、歌も快調に。
スローは When you're wind.
そして昔の感覚らしいですが、Walker と続きます。

0481.jpg

ブルースは Now You Don't で、bass と duo. 迫力の熱唱は No stars in the sky.
ここまで聴いて、いつかできるであろう... new album の前半を
聴いた気分になりました。
1st の締めは Good Pawn. もちろん drums solo たっぷり。

1152.jpg

客席は前も横も混んでましたが、真正面はしっかり見えるいつもの席から。
レギュラー客、多少の異動はあるんですが、しかし、また増えてます。

2nd は piano と duo で Drooling Stars から。
近頃書いてないそうですが、虫の唄は Beetle.
Unwanted, トリオで生まれた歌だったか(?), バックも毎回小さな工夫があって、
いいアクセントです。
わりと新しめの歌 Plan of the river, Good-bye merry-go-round と続いて、
今回の新曲は Turquoise. これがボサノバ調で、ちょっと珍しい感じ。

1169.jpg
隙間からいいシーン眺められるのは、ほんの一瞬。

もうひとつ最近の歌 Question が流れ、
ラストは賑やかに Fountain Suite.
バックの聴かせどころもラストに相応しいデキでした。

アンコールは Night Rider, 素晴らしいと思うと同時に、
花見小路のテーマソングもあったらな~ と期待してました。

1177.jpg

「次回は8月」と、皆さんの見送り受けて、帰路につきました。
音に厚みを増したカルテット。これからも期待大きいです。

2017/05/14 LIMOUR

晴れて初夏の暑さ感じる午後、出町柳から叡電沿いの道歩いて東大路へ。
初めて行くお店「リモール」は住宅地に佇む町家。

0471.jpgprogram.jpg

そこで、「弦楽四重奏やります!」とお誘い頂き、行ってきました。
以前から聴きたいと思ってましたが、実に何十年ぶりです。

メンバーは4名ともニューイヤーコンサートに出演されていた方たち。

0473.jpg

間近で聴けるわけですから、そりゃもう、店じゅう特等席で、
早めに入った私なんか、もうひとつ「特」がつくほど...

「春の海」で始まりました。
笛の音に変わり、1st violin, 琴の音に変わり、cello をピチカートで。
洋楽じゃないので、間とかテンポとかほんと微妙なんですが、
お正月に流れるあの優雅な音は 洋楽器でも、やっぱり優雅でした。
2nd violin, viola が加わると、ひときわ華やかでした。

1142.jpg1143.jpg

弾くも楽しい、聴かせるのも楽しい... が店じゅうに伝わります。

ニューイヤーと同様、曲紹介が丁寧かつ分かり易く、
Mozart No.3 は16歳での作品なんだとか。
まぁ、これが唯一の洋楽クラッシックだったのですが、
こういうの聴きながら、私は初めて生で弦楽四重奏を聴いた時のことなど
思い出していました。

0478.jpg

大勢の合奏では、楽器の聴き分けって難しいところありますが、
4人だったら分かりますね~
Viola って思っていたより低い音だったんだ~とか いろいろ発見ありました。

0480.jpg

Tropical Lounge は佐渡さんのオリジナル
ジャンル問わない彼のメロディは軽快この上なく、
あっという間に終わってしまいました。

1150.jpg

後半はお茶会。
音楽繋がりのお客さんなので フツーに話は弾みますが、
お茶入ると、それこそ のんびり まったりの いい時間が流れました。

1148.jpg

お一人で全員のお茶点てて、最後まで忙しかった大野さん。
有り難く頂きました。

店出ると、再び 燦々と初夏の日差し。
いい午後過ごしたなぁの満ちた気分で帰路につきました。

ちなみに、今回の4人のメンバー, 所属は "京奏倶楽部 Singspiel ".
ウェブページはこちら ↓
https://www.kyoto-singspiel.com/
楽器演奏はさまざまな活動の一部のようで、今回のお茶会もそのひとつでした。


2017/05/07 Les Muses K'afe

お昼のライブにすっかり馴染んで、この日も大手筋をぶらぶら。
JR桃山駅から歩き始めたら、いちばん目立っているのは御香宮。

0408.jpg

これで帰りの寄り道、決まりました。

商店街を西へ進んで、納屋町を南に下がったら、お店です。
で、お店の外観撮ってたら、ガラス越しに乃里子さんのお姿。
そんなわけで、外でご挨拶しました。

0410.jpg0411.jpg

ライブは14時からですが、結構早めに一曲 All of me.
リハと言うか、音合わせ。得した気分です。

そして、定刻の14時:
0426.jpg
0414.jpg
秦乃里子さん と 鈴木直美さん。2月の初午以来です。

オープニングは piano solo, Alice in Wonderland.
明るいタッチは '初夏' 感じさせてくれます。
歌は Love Is Here to Stay で始まりました。
いつもながら、柔らかく伸びるお声に うっとり... です。

0420.jpg

ここから選曲は多彩になっていきます。
No More Blues (Chega De Saudade), 英語タイトルは私には珍しい。
D. Krall に感化された話から Let's Fall in Love.
いずれにしても懐かしい歌ですから、年長の観客には嬉しい選曲。
ちなみに、今回も観客の中で私がいちばん若輩者でした。気楽でいいです。

0449.jpg

バラッドは My Funny Valentine. これ、選曲たぶん 直美さん。
ピアノがなんともドラマチックで、観客静まるいっときでした。
喫茶店だから... で、Black Coffee, 昼に聴くのも趣きありますね~

15時すぎの 2nd set, piano solo は、まさに昼っぽく「赤いスイトピー」。

0435.jpg

Duo は、Don't Get Around Much Any More. お二人のベスト・チョイスでしょう。
ラテン, と言っても English で、Perhaps perhaps perhaps (Quizas, quizas, quizas).
粋なもんです。
Dixieland Band の紹介があり、こんなの歌うと... When You're Smiling.
Big band, swing jazz, 歌姫 等々が選択肢の私ですが、Dixieland もいけるかも...

0446.jpg0451.jpg

似たものメドレー Danny Boy ~ You Raise Me Up,
さらに原曲は Londonderry Air とタイトルがあり、いいもの引き継がれますね。
アカペラで始まる乃里子さんの歌、素敵でした。
ラストはジャズっぽく Bye Bye Blackbird.
アンコールは You'd Be So Nice to Come Home to.
いい締めでした。

昼下がりに coffee & cake, そしていい歌、いい演奏。
外は初夏の暑さありましたが、いい午後でした。

0456.jpg

--------

そして、大手筋に戻って、はじめに朱の大鳥居。
ここから御香宮に入っていきました。
前回の伏見散策と同様、ここも秀吉ゆかりの桃山文化。

0457.jpg0459.jpg
0460.jpg0468.jpg
0469.jpg0466.jpg

参拝客まばらで、随分ひっそりしてました。
新緑、その緑の勢いと香り... いい季節です。
そんなに広くもなく、見て回るのに20分くらいの短めの散策でした。

2017/05/05 いちなん

GWは今年もこれに決めました。
『アントニオ京都ツアー』の中日のお昼の部 「いちなん」。
そして、八大神社のお祭りの日でもあり、東大路は賑わってました。

0366.jpg0367.jpg

ライブは、いちなんのレギュラーさんによる
一乗寺ぁオン・マイ・マインド で始まりました。

0368.jpg

そして、アントニオさん登場。

0373.jpg
0375.jpg0378.jpg

清美さん、えりこさん が共演。
えりこさんは、なんと10年以上前から京都ツアーのお相手らしい。

オープニングは「あなたのそばに」。彼らしい優しい歌です。
このあと、いつものようにプログラムなしで次々進んでいくのですが...
初めての試みは、コーラスだけじゃない えりこさんの歌。

0379.jpg

フォルクローレ「灰色の瞳」でした。
歌いながらも、いろんな打楽器持ち替えられ、ほんと目が離せません。

0385.jpg0388.jpg

清美さんは、今年初めてのライブなんだそうで、
しかし、バックも前に出る音もいつもながら素敵でした。
アントニオさんとは共演重ねて、もうすっかり馴染んでます。

0390.jpg0391.jpg

そして、アントニオさんのギター
昨年までの携帯便利ではなく、いい形してました。

選曲はほんと多彩で、珍しいのは、
20才の頃 - ムッシュかまやつ -, P.S. I Love You - Bette Midler -,
滅多にやりませんが...と言いつつ出てくる Beatlesもの Yesterday.
もちろん、サンバは Batucada, Chega De Saudade 等々、
想いを伝えたり、お祭り気分だったり... いっぱい出てきました。

0398.jpg

およそ2時間で、休憩もあれば、楽しいMCもあるんですが、
アントニオさんのライブって、いつもたっぷり聴かせてもらった~と
満足感でいっぱい。今回もまさしくそんな感じでした。

記念写真でおしまいです。
1141.jpg

-------

帰り道。
行きは祭りの賑わいで気づかず通り過ぎましたが、ここにも疎水通ってるんですね。
地図調べると、昨年お花見した疎水から少し東。
ここも花見の名所かも... ? またいつか歩いてみよう。

0406.jpg

2017/04/29 Les Muses K'afe

春らしい晴れかと思いきや、出かけるころには厚い雲。
電車乗ってる時にとうとう雨。
ライブの前に伏見散策を予定していましたが、まっすぐ店に入りました。
いわゆる早すぎる客でしたが、マスターのお心遣い有り難かったです。

ライブはこのお二人。
譜面片手にちょっと打ち合わせ... これで足りるんですね。

0323.jpg0320.jpg
鈴木直美さんと 中嶋明彦さん.

1st, テーマは「春」。
ミディアムテンポの It Might As Well Be Spring で始まりました。

この後、Up Jumped Spring, April in Paris, Joy Spring と続くのですが、
ベース フィーチャーは April in Paris でしたか...
初めてこの店来た時は4人編成でしたが、
instrumental duo もこの空間にぴったりで、何ともいい雰囲気。

客席は と言うと、私が若いほうで、シニア好みなんですね~
60過ぎたらこんな曲って、いつか書きましたが、
お二人とこのお店、60過ぎになかなか合います。

0318.jpg

休憩の時間、明るくなったと外に出たら、もう晴れてました。
目まぐるしく変わる天気。〇心と春の空。

2nd はテーマ変わって Strayhorn 特集。
おそらく創作のイントロから Take the "A" Train.
ハーレム行きの列車なんだそうです。

Star-Crossed Lovers.
初めて聴きました。いい曲です。出会わない、出会えない... そんな想い。
また聴きたい、捜してみたいの一曲です。

0333.jpg

Satin Doll.
難しい話が出てきました。タイトルや詩には裏の意味があると。
お二人のプレイに格別の品の良さを感じるのですが、
そう書いて、まっすぐ伝わるとは限らないって話ですね~

0321.jpg

ラストは Caravan.
これも味のあるイントロから始まり、中身の濃さもたっぷりでした。
リズムがいいので踊りだす方もおられたりで 賑わいました。

--------

夕方5時。
季節柄 街路は明るいのですが、陽は西に傾いて...
観光スナップには絶好のコンディションになりまして、いざ散策。

0342.jpg0347.jpg
寺田屋から宇治川派流。その水路は秀吉の時代なんですね。

0352.jpg0362.jpg
十石舟から酒蔵。
派流の両岸は「伏見浜」もしくは「辨天浜」と呼ばれ、
酒蔵の場所は、かつては馬借り場等、物資の中継基地だったそうです。

30分くらいの軽めの散策でした。

2017/04/20 RAG

いちにち曇りの手持ち無沙汰な日。
こんな日にお目当てのライブがあるのは幸運で、一年ぶりのRAGでした。

メンバーは一年前とあまり変わらない。

1125.jpg1101.jpg
1110.jpg1102.jpg

井上弘道さん, 工藤明人さん, 衛藤修治さん, 木曽稔幸さん.
ヴェテラン3名に若手1名, これが面白い展開うむんですよね。

はじめは パップナンバー, Juicy Lucy - H. Silver -
いきなりスイングしている... いいトリオがバックで、弘道さん 気持ちよさそう... で
始まりました。
弘道さん favoite は、Jeannine - D. Pearson -
この2曲で、木曽さんの大技・小技見られまして、
磨きかかってきたな~と、ちょっとした驚きでした。

1106.jpg

3曲目は 衛藤さん選曲&フィーチャリング, Alone Together.
イントロから、紆余曲折あって本題に...くらいの丁寧なベース・ソロ聴けました。

1st 締めは賑やかに Recado Bossa Nova.
写真でも黒ピカに撮れてますが、新調されたピアノで、これもいい音してました。

1118.jpg

2nd set は 木曽さん選曲&フィーチャリング で Cute - Count Basie Orchestra -
粋なもの見つけてくるものですね~
次々と小技決まってました。

1116.jpg

工藤さん選曲は 彼のオリジナル, "ブラックカルダモン".
香辛料なんだそうで、アップテンポでシャキッとしてました。

1128.jpg

バラッドは But Beautiful.
いつもながら、最後の一音まで研ぎ澄まされている... の世界でした。

1104.jpg1119.jpg

ラストは唄モノ The End of a Love Affair を賑やかに。
リーダー弘道さんの爽やか&スマートなMCが素敵なんですが、
音はそれに増して迫力のトーン。そして衛藤さんのこの技、たまりません!!

アンコールありました。In a Mellow Tone.

Basie と Ellington 両方聴けたわけですが、
やっぱりスインギーな演奏って好きだな~と改めて感じたライブでした。

またいつかを楽しみにしましょう。

------

メインバンド登場の前に "オープニングアクト" があり、
学生バンド 鍋島興市グループ の演奏がありました。

1097.jpg

フォークギターとサックスで、 バックのバランスも良かったです。
Almost Like Being In Love 他4曲でした。

2017/04/10 Johnny Angel

前日が雨のち薄日で、この日は花曇り。
因みに、これ書いてる本日は、花散らしの雨。
桜と晴れた青空って、そうそうありませんが、今春はようぐずつきますね~

恒例の Tommy Angel Monday Special,
昨夜は「スタンダード虎の穴 第一章コール・ポーター」とお題がついてました。
ジャズファンなら彼の作品はナニ聴いても面白いわけで、もちろん気楽に
遊びに行ってきました。

ところが、題書きの裏に目標がありまして、
若手プレイヤーを育む... うぅむ、なるほどと、
私としても、いつもと違った見方、聴き方をしたかも知れません。

1064.jpg1077.jpg
1069.jpg1071.jpg
1078.jpg1088.jpg

Tommyさん, 松井優樹さん, おーたかずおさん, 溝渕啓太さん,
東ともみさん, 冨永ちひろさん.
Sextet なんて誠に贅沢で嬉しいかぎり。

最初のお題は You'd Be So Nice to Come Home to.
ソロ順は flute, guitar, trombone で、バック3名も順にソロ番あり。
まぁ順調に始まりました。
All of You, 私の favorite もちろん出てきました。
今どきの真ん中の世代は、こういうのあまりやってくれないから、嬉しいものです。
バラッドは flute, guitar 休んで Everytime We Say Goodbye でした。
Love for Sale, 特集でなくてもライブではお馴染み。
これも6人のリレーで、じっくり楽しめました。

1089.jpg

カメラ構える私ですから、演奏中の動きとかよく見ますが、
ちょっと普段に比べて、視線は譜面というのが多かったですね~

ちなみに、カメラ構える私にも、ひとつの課題がありました。
メンバーの多くの衣装が「黒」基調。暗めのホールで「黒」を如何に表現するか。
見る方向変えたり、試行錯誤しています。

1083.jpg1065.jpg

後半は、It's All Right With Me で始まりました。
ライブでリクエスト枠あったら、手上げたい1曲です。
そこそこスピードあるいい出だしでしたが、ソロの繋ぎに一瞬 間が開いたのは
たしかこの曲でした。
懐かしい想いで聴いたのは Night and Day.
ちょっとメロウなボサノバ・アレンジでしたが、Brasil '66 ではない。
南欧州のとある録音で、柔らか~いフルートの音が記憶にあるんですが、
それが蘇っていました。ピアノもこれだけシンセ音でしたね。

1080.jpg1086.jpg

So in Love. この曲好きな方多いと思いますが、ライブでは珍しい。
出だしは bass, trombone の優しい音で、途中からハリのある音続きました。
ラストはライブではお馴染み What Is This Thing Called Love.
仕上げの音という感じで、合奏、各々のソロとも迫力ありました。
ヴェテラン勢は、まぁどの曲でもいい味出されてましたが、
ラストの為の、取って置きの技みたいなもの感じさせてくれました。

1095.jpg1091.jpg

全8曲。
コール・ポーターですから、「あれ、聴けんかった~」の名曲いっぱいですが、
6人によるのコーラス、ソロの繋ぎは時間の経過忘れるもので、
あっという間の8曲でした。

「スタンダード虎の穴」は次の章もあるらしいです。また楽しみです。


2017/04/09 毘沙門堂

今朝まで雨でしたが、願ったとおり天気は回復して、お昼前に出かけました。
桜満開の山科「毘沙門堂」へ。

1月のニューイヤーコンサートがきっかけで、初めての「お寺ライブ」でした。

1027.jpg

佐渡さんのチェロ独奏で始まり、

1029.jpg

大野さんが加わりました。

1031.jpg

佐渡さんは、持ち替えてヴァイオリンです。

flyer.jpg1026.jpg

お寺の催しの花まつりで、ライブの文字はなく、「奉納」なんですね。
しかし、桜満開の日は見事に当たるし、二日続いた雨はあがるし、
たいへんなご利益です。

1047.jpg

そんなわけで、大勢の観客で賑わいました。

デュオの曲目「サンマルクのテーマ」は、
パン屋さんのイメージから生まれた佐渡さんのオリジナル
サウンド・オブ・ミュージック」はミュージカルのメドレー。
いや何とも明るく、春らしく、花まつりのひとつの「花」でした。

1042.jpg

花の隙間に美男美女。
観客の賑やかさと同じくらい、立木と花の枝賑やかで、
二人のお顔が見える場所見つけるのは、そう簡単ではありません。

1050.jpg

この後は、"凛の会" 6名の琴奏者に弦楽デュオが加わる編成で、
お馴染みの「花は咲く」。
これも春満喫のいい音でした。
視線変えると山借景の美しい桜で、お隣は茶席。
お寺の季節の催しって、なかなかいいものなんですね~

1051.jpg

そろそろ立ち去る時、次の演目 和太鼓の準備が始まっていました。
この後もいちにち賑わったことでしょう。

------------

毘沙門さんの行き帰りは、疎水べりを散歩しました。

0301.jpg
0308.jpg

時折、陽が射して、青空バックの花も見られました。

0310.jpg0311.jpg

いい春の午後でした。


2017/04/07 茨木グリル

この頃、晴れると忙しいのですが、昨日は曇り時々雨。
お店は初めてながら JRの駅から至近距離。
これは行ってみるしかないっ! で決まりでした。

茨木グリルは、ずいぶん広くて、いい造り。
ステージは程よい明るさと落ち着いた色合い。
早めに着いたから、特等席に案内してもらいました。

ライブはデュオで始まりました。

1017.jpg

Tommyさん と おーたかずおさん。
曲は Shiny Stockings.
小編成の Tommyさんを聴くのが稀で、おーたさんは初めて。
なんともレストランらしく、お洒落な音でした。

Tommyさんの紹介で、3人めが登場。

1023.jpg
ヨシノミナコさん。

ここから vocal live で、はじめは Mean to Me.
この後、近頃のミナコさんの favorites が次々出てきました。
私好みは More Than You Know.

2nd set は選曲の趣きが少し変わります。
Piano, trombone のデュオは「嘆きの子供たち」 - M. Legrand -
初めて聴くものだから、オリジナルかと勘違いしたくらい。

1019.jpg

歌もいろいろですが、目閉じて聴きたい...の A Time for Love だったり
September in the Rain, I Hear a Rhapsody で演奏じたいが次第にジャズっぽく
なってきたり...

やっぱりこの後も聴いてみよう... で、3rd set へ。

オリジナルは 深海魚の夢。
おーたさんの音が、共作者みたいに元のメロディに寄り添ったり展開したり。

1005.jpg

歌は次第に濃いもの増していく感じで、
Between the Devil and the Deep Blue Sea, Prelude to a Kiss.
極め付けは It's over now - T. Monk -
もし神様モンクの指先が神業なら、こんな音出すんかな~ などと
楽しい想像させて貰いました。
軽やかな One Note Samba で終演でした。

のんびり浸れるいいライブでした。
因みに食した料理は野菜サラダとピザでどちらも大皿。
次回はこれだけ一考の余地ありです。

帰り道は相変わらずの小雨でした。

前の10件 | -