So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018/02/04 JK Cafe

最高気温は6℃でしたか...? でも、しっかり陽射しのある午後。
これは出かけてみなくては なんて気分になります。
お店は高槻市ながら、もっとも短時間で行けるところ、しかも昼間。
気軽に出かけました。

1658.jpgflyer.jpg

秦乃里子さんと、初めましてのギタリスト 鷲尾一夫さん。
外の光が眩しくて、店内はずいぶん暗く感じました。

ギター, ピアノの instrumental, Days of Wine and Roses で始まりました。
まったりした昼下がりにぴったりの感覚です。

歌は Gentle Rain. いつもながらの美声にうっとりです。
選曲は鷲尾さんとのこと。いいもの見つけてこられたものです。

Skylark, これも久しぶりな感じ。
ヒバリが遊んでいる姿 思わず目に浮かびました。

1668.jpg1669.jpg

ギターの音はアコースティック、ほんの僅かエフェクトかかってるとか。
なんとも自然体で、乃里子さんのお声に寄り添ういい響きです。

Sentimental Journey, ギターだけの伴奏で陽気で伸びやかに。
そして All of me, お昼の時間がゆっくり流れていく感じです。

1656.jpg

暫しの休憩の後、instrumental duo, There Is No Greater Love で再開しました。
この時間になるとお客さんの出入りは殆どなく、のんびり、ゆったりが店じゅうに
漂ってます。
歌は Lovin' You. 高音域ではなく、むしろ普通の音域で、じっくり聴ける感覚です。
No More Blues (Chega de Saudade), これは乃里子さんの十八番のひとつだったか?
ギターの音色が引き立ちますね~

1667.jpg

ジャンル変えて、Close to You.
やりたい曲と 客が聴きたい曲で構成されるとか... これは聴きたい曲ですね~
ギターだけの伴奏で、ソフトタッチなお声に惚れ惚れです。
ラストはジャズに戻って軽快に、On the Sunny Side of the Street でした。

記念写真。店の奥向いて撮ると、夜の写真になってしまいました。
1673.jpg

終わってほどなく17時でしたが、まさしく明るい表通り。
辺り散策してから帰路に着きました。
こよみで、この日は「立春」。春の兆し感じたいちにちでした。


nice!(0)  コメント(0) 

2018/01/27 Le Club Jazz

平年に比べるとまだまだ寒い日々ですが、それも少しは緩んだかな と思える宵、
久しぶりにル・クラブに行ってきました。
長めのレンズに変えたから、ステージから一番遠いカウンター席。椅子は新品に
変わってました。

ライブは笹井さんのニュー・トリオ。

2002.jpgflyer.jpg
1999.jpg2004.jpg
大塚さんは4年ぶりのお久しぶり、中村さんは お初 でした。

もうひとつの MYM が継続中であろうし、さてナニ変えてこられるのであろう...
そんな興味津々のなか、演奏は定刻に始まりました。

Boplicity, 気持ちいいビ・バップから。乗れますね~
Little B's Poem (だったか?), これもいい感じです。
ここまで結構オーソドックスな感じ... と言うか、ジャズ聴きに来て
まっとうにジャズ聴ける雰囲気。

0798.jpg

そして、あるだろう... と期待していたのは、
In dim light No.1 & 2. トリオ盤のニューアレンジです。
とうとうできた... の感動で、長めの No.1 もあっという間でした。
No.2 で、じっくり紐解いてみたい感覚。
刻みが6だから、6/8 もしくは 3連符 x 2 なんて想像するのが面白い。
で、答えは 3/2. まぁまぁ近かったと言えるでしょう。
プレイは新しい味出てました。鍵盤のリズムとバックのシンクロなんか
ちょっと珍しいと感じました。

休憩かと思ったらもう1曲ありました。Relaxin at the Camarillo (たぶん)。
これはスイング感ありましたね~

2008.jpg

後半はスタンダード Alone Together, Like Someone in Love から始まりました。
これもじっくり聴くと、笹井さん らしさが端々に出てきて面白いです。
ステージから一番遠い所から眺めているので、普通にはお客さんと重なって
しまいますが、長めのレンズで何とかなりました。

1998.jpg

新曲は「隋神(かむながら)」。神のみぞ知る... なんて意味だそうです。
例えば "Argent Ossidato" なんかで、いろんな影響もらっている彼女なので、
そんなに驚きませんが それでも斬新な一曲でした。

バラッドは I Fall in Love Too Easily.
オーソドックスな世界に戻りました。

1997.jpg

ラストは Get Lost and Find Away. ラストに相応しい躍動感ありました。
なかったもの と言えば以前のオリジナル。
ニュートリオに賭ける心意気感じられました。

アンコールは明るいスタンダード。タイトル思い出す前に終わってしまいました。

おしまいは記念写真。
0801.jpg

プレイ中の写真の数々は、結構すました表情を切り取ってしまいましたが、
実際にはこれくらいの笑み溢れる楽しいライブでした。


nice!(0)  コメント(0) 

2018/01/16 Sahouril

天気予報は晴れのち曇り、深夜に雨だったそうですが、
出かける夕方は晴れて寒さもなく、気楽に出かけました。
その後の結果は、帰宅して0時頃 雨降り始め。
無警戒ながら、何事もなくラッキーでした。

ライブは10月以来の このメンバー。

0784.jpg
1977.jpg0789.jpg

flyer.jpg

オープニングは直美さんの長めのソロ, 簡単に主旋律は出てこなくて、
I Fall in Love Too Easily かな~? と思っていたら やはり それでした。
コーラスごとに変わっていくようなアレンジで、丁寧な曲作りでした。

Django, これは比較的オーソドックスだった感じです。

0783.jpg

Romance in F, ヴァイオリンソナタの超有名曲です。
* ソナチネにも入ってるそうです。
三人のブレイは、出だしはクラシック調ですが、
次第にテンポが生まれてきて、やがてスイングしている。
とっても洒落たアレンジでした。

Speak Low, スタンダードの中でも古~い作品なんだそうです。
Low なのに、みなさん賑やか演奏になるのですが、
直美さんのプレイが一番ダイナミックに聞こえたのはこの曲でしたね~

1968.jpg1973.jpg

後半は、よく知っているメロディながら、こういうのはタイトル思い浮かびません。
Peri's Scope - B. Evans - でした。

ラテン、歌なら夏物と紹介されたのは One Note Samba.
なるほど、そうですね。
ソフトじゃなく、躍動感たっぷりなプレイに ラテン・テイスト 感じました。

一年ぶりに聴くのは、中嶋さんの Quiet Snow.
落ち着いたメロディとアルコの音色、すぐ思い出せました。

1980.jpg

ラストは In Walked Bud - T. Monk -
これは久しぶり。もちろんタイトルは覚えてなかったです。
そもそも、instrumental で聴くのは初めてだったと思います。

ところで、J. Lewis, B. Evans, T. Monk, タイプ異なる作品を
自分流ではなく、作者に寄り添った感じでしみじみプレイする。
ヴェテランの味ですね~

1971.jpg

アンコールは The Best Thing for You.
これも珍しい。私は S. Getz の若かりし時の演奏知ってるくらい。
終演に相応しいキレのあるいいアレンジでした。
紹介された D. Krall のアルバムをさっそくポチッてしまいました。

記念写真でおしまい。
0793.jpg

次回はメロディ美しいラテンものが出てくるかも... です。


nice!(0)  コメント(0) 

2018/01/12 Bonds Rosary

正月第二弾は、早くから決めていた "ハーフヒップ"
また随分冷えた四条大橋渡って行ってきました。ここら辺歩くと いつも
ストリートミュージシャンに遭遇しますが、昨夜はフォーク系でした。

1963.jpg1932.jpg
1940.jpg1941.jpg
MASAX長島雅枝さん, 高井ひろみさん, 中島かつきさん, 冨永ちひろさん.

オープニングは Mambo In.
めっちゃノリ良くて、楽しい時間の始まりです。
Blue Skies, あまり普通じゃなく、このメンバーらしくファンキーに。

さらに普通じゃなく、このアレンジ なに? って驚かされたのは All of You.
コードがヘンなんです。譜面から目離せないプレイだったことでしょう。

0772.jpg

場の空気変わったのは If I Ain't Got You - Alicia Keys -
ピアノ弾き語りらしいメロディですが、トリオをバックに歌われました。
メッセージソングのようなラヴソング。
いい歌だったし、みなさんの役割の これまでの曲との違いに目を見張ったり...

Skindo Le Le.
歌のヒットをタイムリーに体感したのは私の世代。こんなの聴けるのは嬉しいです。
マンボもブラジルもみんなラテンで、ほんと心が躍ります。

0779.jpg
これが見たまんまの感じです。

2nd set は、Lawns また出てきました。
もちろん、かつきさんなら どうするの? って感じですが、
これがまた渋いと言うか あっぱれなプレイでした。

I Mean You - Monk -
もちろん ハーフヒップらしく、ファンキーアレンジです。

1937.jpg
このバンドでは役者ですね~

Invitation - B. Evans -
珍しい曲ですね。作者覚えていなかったです。
結構ゆっくりな調子で、サックスも歌ってる~の素晴らしい演奏でした。

MASAXオリジナルは「さよなら」。
会場静まり返って、みんな聴き入りました。いい歌です。

0775.jpg

ラストは気持ちいいドラムで始まった The Man I Love.
明るい音が繰り広げられました。
アンコールは、早さにチャレンジする Straighten Up And Fly Right.
実に楽しい終演でした。

記念写真でおしまいです。
0780.jpg
0781.jpg

お土産はコレ。支援に加わりました。
canvas_vol_2.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

2018/01/10 Candy

年明けて平穏ですが、昨日は寒波の始まりの一日。
行きに時雨てましたが、風穏やかで、安心のお出掛けでした。

今年のライブ巡りの始まりは 杏理さん です。

1916.jpg0761.jpg
1899.jpg1902.jpg

バックのトリオは、小野麻美さん, 有福 珍さん, 西野滉平さん.
小野さん、有福さんが初対面で、西野さんは過去に前座のプレイを聴いただけ。
早い話、初めて出会うトリオです。
よくある形で、そのトリオの演奏で始まりました。
たまたま入った店で、未知のミュージシャンのプレイに相対する気分ですが、
曲は 2nd アルバムから、オリジナル「琥珀」。
Vocal live では、一寸珍しいと思えるのですが、これがなかなか快適で、
思わず微笑む感じ。いいオープニングでした。

0765.jpg

歌は I Didn't Know What Time It Was で始まりました。
真冬でも、はじめから高音のびのびの いいお声です。
そして、Bridges.
2010年頃、主要なレパートリーだった歌を再び...
なんですが、発声方法を変えられたことにより何か違いが... ?
私なんかに詳しいところはわかりませんが、
この歌では、リズム重視からトーン重視に変わっているのかな~
そんな感じでした。

1898.jpg

長いレンズ持っていったから、こんなアップ撮れるんですね。
という話は余分で、長い手、長い指が大胆に動く姿は絵になってました。

0767.jpg

Love for Sale, ヴァースからしっかり聴かせてもらうのは久しぶり。
Lovin' You, 歌詞覚えたのは最近と仰るが、
ほんと初めて? って疑問になるほど杏理さんのお声にぴったり。

1906.jpg

有福 珍さんのエレベ, ネックの長いギターみたいな形してますが...
ノン・フレットで、音は ウッドベースなんですね。
落ち着いた音してるし、ギター並みの手軽さ。いいものあるんですね。

2nd set 始まりの instrumental は Someday My Prince Will Come.
元々はオリジナルの予定だったところ、休憩時に流れたので、予定変更で。
しかし、これもまたいい。

1920.jpg

歌は BELIEVE - MISHA - 力強い歌声、これもいい。
I Thought about You. うっとり聴き惚れました。

1912.jpg

いつ振り向いても笑顔の西野さん。プレイも楽しい音いっぱいです。

The Way We Were. ライブで聴くのはたぶん初めて。
著名な voalist の十八番、杏理さんならものにできますね。
Carnival - The Cardigans -
これは殆ど記憶から消えてましたね~ 懐かしいです。

1927.jpg

ラストは Time Will Tell - Utada Hikaru -
十代の時に感化された歌なんだそうですが、なんか思い入れ、
伝わるものがあります。

アンコールは Straighten Up And Fly Right.
バックも活き活きプレイで、楽しい終演でした。

記念写真。開いた紙は2nd Album のチラシですね~
0769.jpg

今回のメンバーは2回目だったそうで、まだ始まったばかり。
また次を楽しみにしましょう。

nice!(0)  コメント(0) 

2017/12/28 Bonds Rosary

店が馴染みになると、私には是非こんなライブお勧めしたい... と
お声がけ頂くことあります。
新たな音を求める私は、こうして聴くものの幅を広げており、嬉しいお誘いです。

今回はこの方。

1894.jpg
ブルース guitar & vocal の 田中秀明さん.

0754.jpg
ブルース系、たぶん2回くらい経験してますが、何年ぶりでしょう?

1862.jpg1886.jpg
1871.jpg1860.jpg
バックは 高井ひろみさん, 石井孝宏さん, 平山サンペイ恵勇さん.
つい10日前と同じです。
と言うか、いろんな音楽に対応できる強力なバックなんですね~

開演前に流れていたビデオは、たぶん Earth, Wind & Fire.
その音感じ取った田中さんは、ビデオの音に重ねてギター弾き始めています。
ならばと、サンペイさんのスティックが動き始め、石井さん、ひろみさんも
加わり、これが1曲目になりました。「かかってたから、やった。」の一言。

間は必要ないのか? 指が弦に触れたと思ったら、次の曲が始まりました。
時々聴き覚えあるメロディが流れ、それは Mercy, Mercy, Mercy! でした。
でも、歌が入り、これはまた別のメロディ。
後でチラッと話ありましたが、演奏にはオリジナルが含まれているらしく、
Mercy, ... の変奏曲だったかも知れません。

1891.jpg
ひろみさん、今回はピアノじゃなく、すべてキーボード。
お顔が見えるのはいいことです。

3曲目は I play the blues for you と歌っておられました。
4曲目は、同じような歌詞ながら、スローな曲。

MCなければ、タイトル紹介等もいっさいなく、次々進んでいきます。
5曲目がアップテンポで、6曲目も続いてアップテンポ、
こちらは幾分ジャズっぽかったでしょうか。

1864.jpg

時間とともにお客さん増えて、結構な賑わい。
ただ、普段お見かけするお客さんは稀で、やっぱり違い感じました。

2nd set はミディアムテンポから始まりました。
かつてのブルース系ライブで覚えている粘っこさがたっぷり出てきました。
ブルースなので、メロディはだいたいシンプル。
もっとシンプルに3音で、三つのコード。こんな繰り返しがよくあります。
バックの巧みな反応で、長~いプレイの中に山場が何度も訪れる。
独特の世界ですね~

次はスロー・バラッドなんですが、ブルースの世界にバラッドという言葉が
果たしてあるのでしょうか?
Georgia on my mind を思わせるメロディでした。
これも長~いプレイで、いわゆる陶酔ガタの音楽ですね~

1889.jpg

この次はアップテンポで味わい変わり、ラストは曲目紹介ありました。
オリジナル In & Out. 出たり入ったりする奴.. みたいな話でしたか。
これも早めのテンポでしたが、反応で面白いのはサンペイさん。
斬新なリズムがザクザクですから、田中さんはドリンク含んで気合入れ直し...
なんてシーンがありました。

0756.jpg

結構遅めながら、アンコールありました。
"あっさりしたもの" と言ってギター鳴り始めましたが、そうでもないパターン。
それでも、ここで切る! ってできるんですね。概ね、あっさりでした。
演奏後にタイトル紹介されましたが、なんと「帰らなくていい ! 」。

まぁ、見たこと、聴いたこと いっぱい書いてますが、約3回目のブルース・ライブは
これまた「体験しました。」でほぼ終わりです。
何年かたったら、また体験したいと、きっと思うことでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 

2017/12/27 Ansonia Cafe

なかなか会えない人がいる。
ならば、何とか会いに行こう...
こんな想いだけで決められるのも年末ですね~

お店は稲荷。なので、ここで一旦立ち止まって、なんてのんびりしていたら
時雨、みぞれ? の冷える夜です。

0752.jpg

5年ぶりのお店は、店内、外観とも変わらず、いい佇まいです。
変わったのは店前の歩道にチャリ置き場ができただけ。

ライブは 秦 乃里子 さんの弾き語り。

1612.jpg

このスタイル、たぶん初めて。

Piano solo, Autumn in New York で始まりました。
店の雰囲気とピッタリな、いい雰囲気です。

歌は A Song for You から。
キーもテンポも自由だから、natural & straight な音。
これが案外届きますね~ 季節柄、赤外線みたいに。

My Romance, Like a Lover.
スローもミディアムもいいなぁ... と思っていたら、
近頃のお気に入り Blame It On My Youth が出てきました。
柔らか? フェザータッチ? 絹の肌触り?
まぁどれも当てはまる快い響きです。

後ろ姿 素敵なんですが、回り込んでみたくもなります。

1613.jpg1614.jpg

スタンダード, ポップス 取り混ぜですが、Piano Man, このアップ・テンポは
なんとも良かったです。

1615.jpg
休憩時に外観撮っていたら、
1616.jpg
店内もちろん見えるわけで、
1617.jpg
振り向いてくれました。

後半は piano solo, Look to the Sky の後、
my requests, For All We Know とYour Song.
用意されてるレパートリー一覧を見せてもらったら、好きな歌たくさんありまして、
そのほんの一部です。

世界を見渡すと What A Wonderful World,
ある夫婦を見渡すと Love Flows Like A River - Tuck & Patti -

なに聴いても惚れ惚れですが、ラストの曲はお店の一年にとっても
トリだったようです。
If We Hold on Together, この人間愛、力強さ、たまりませんね。
いい歌でした。

記念に一枚撮らせて貰いました。
1618.jpg

ライブは人数多いのが好き... と常々言ってますが、
アットホームな弾き語り、これも魅力ありますね~
と気づいた素敵な夜でした。



nice!(1)  コメント(0) 

2017/12/25 Johnny Angel

冬らしい寒さが再び... との予報ありましたが、寒波の初日というのは
案の定 無難でした。
ライブのちらしに "今年最後の... " の文字があり、ならばと乗ってしまう軽い私です。

ところで、クリスマスはイブのほうが賑やかなのは何故だろう... ?
と疑問持ってますが、25日は月曜日にもかかわらず、大勢のお客さんで、
出てくるメンバーはサンタさん、トナカイさん。イブに負けてませんでした。

1810.jpg1822.jpg
1823.jpg1834.jpg
1841.jpg
Jelly Beans Factory の5人組です。

オープニングは、メリー・クリスマスから Suspender.
この季節だから、連日いろんなところでプレイされてるようですが、
いつもどおり快調です。

0749.jpg

続いて Milky Way Blues, 優樹さん加わって Signs of the Dawn.
このバラッドは久しぶりな感じでした。
1st. の締めは Barefoot Neighborhood. すっかりお馴染みになってきました。

お気づきの方いらっしゃるかも知れませんが、
写真は新調した長めのズームと今年の始めから使っているコンデジ。
長短揃えるとやっぱり撮りやすい... しかし忙しい...

1821.jpg0743a.jpg

2nd. は「壬生」にこだわった出囃子の後 うしろ髪。

そして、このメンバーではちょっと予想してなかったクリスマス・ソング。
「牧人 羊を 守れる そのよい」, 讃美歌ですね~ 今でも歌えそう...
で始まり、We wish you a Merry Christmas, 諸人こぞりて, 荒野の果てに,
アヴェ・マリア (シューベルト), Let It Snow 他10曲くらい繋がったでしょうか。
最後は White Christmas.
並びアレンジとも素敵で、二管の為せる技でもありました。

0746.jpg0744.jpg

さて、どう戻るのでありましょう?
と思ったら、主要なレパートリー「少女時代」です。

0745.jpg1831.jpg

いつもよりライト当たってる? のちひろさんと、
プレイは控えめながら姿は燦然と輝くかつきさん。

この2名がお休みして、曲は Diamond.
降る雪が輝いてダイヤモンドなんでしょうか? ようわかりませんが、
トリオの演奏はそんな美しいイメージでした。

1853.jpg

5人揃って、ラストは Gee. ある意味、この曲の出世物語。
元歌に縁のない私には Tommyさんの Gee という偉大な曲。
いえ、そう言いたくなる熱演でありました。
何処がと言いますと、すばり 優樹さんのパワフルで高速なソロ。
それ引き継ぐ Tommyさんの迫力のソロ。
そして、すべて支えるリズム・セクション。
ジェリビンが育んできた、ひとつの完成品ですね~

アンコールは 深海魚の夢 で、今年のジェリビンは幕を閉じました。

記念写真でおしまい。
0751.jpg

来年はライブは不定期になるそうですが、
また新たな挑戦やってくれることでしょう。



nice!(0)  コメント(0) 

2017/12/24 集酉楽サカタニ

私よりずっと先輩のライブ写真家 NAZOCHUさんが写真展を開催されており、
その記念イベントとして むじか・とれぇすLive があるということで、
お邪魔してきました。

12-01-2.jpg0731.jpg
フライヤとはじめのご挨拶。

クリスマス・イブの日でもあり、サンタ・スタイルで3名登場です。
0732.jpg

出し物、前半は、
Never Ending Story
In My Life
It's only a Paper Moon
Time after Time
真赤なスカーフ
恋人がサンタクロース
Days of Wine and Roses
Take Me Home, Country Roads

先月は むじか の15周年ライブでしたが、NAZOCHUさんのライブ写真も
15周年とのことで、固~い縁で繋がった人たちです。
歌の合間に、いろんなエピソードが紹介されました。
NAZOCHUさんのページ以前は、情報そのものが殆どなかったとか...
な~るほど、私がライブ巡り始めた頃、彼のページが大きな情報源だったこと
思い出しました。

0733.jpg

出し物、後半は、
となりのトトロ
Crying Time
No Where Man
Moon River
昨日・今日・明日
Tears In Heaven
When You're Smiling
Happy Xmas (War is over)

むじか で初めて聴く歌は、この日に合わせたクリスマス・ソングのいくつか。
それ含めて、いずれも コーラスが光る むじかの音にうっとり聴き惚れました。
記念ライブなので、ミニ・ライブかな~って予想してましたが、
前後半たっぷりなプログラムで、イブの午後をゆったり過ごせた感じです。

0736.jpg

アンコールはいつもの Imagine でした。

0740.jpg
横から長いレンズを構えるNAZOCHUさん。
これ撮る私は、いつものようにセンターの一番後ろ。

記念写真。お客さんにカメラマン多くて、順番待ちでした。
0741.jpg
おしまいは、全員の記念写真。facebookから拝借。
fb1.jpg
fb2.jpg

長く続けることで、縁は深まり、大きな輪に繋がっていく。
立派なことだし、私もそうありたいと思いますねぇ。


nice!(0)  コメント(0) 

2017/12/18 Bonds Rosary

いままで求めてきた音はなに? いま、なに聴きたい?
普段からこんなこと頭に巡らしていろんなスケジュール見るんですが、
Bonds Rosary は答えてくれるんです。
冬らしく寒い宵、四条大橋渡って行ってきました。

1774.jpg1781.jpg
2年ぶりの 栗田洋輔さんと2年半ぶりの 平山"サンペイ"恵勇さん.
1768.jpg
3年ぶりの 石井孝宏さん.
1792.jpg
そして、いつもの 高井ひろみさん.

出し物の多くは 私にとって初モノばかり。
始まりは Flying Colours - Mike Mainieri -
久しぶりに聴く栗田さんのサックスの音色はツヤツヤで、
サンペイさんの小刻みなスティックは見てるだけでも心躍ります。

1790.jpg

By Night For Ever - Rosario Giuliani -
真夜中をイメージすればいいのですが、1曲目に続いて歌詞のないものらしく、
どんなイメージ描くのも自由。結構楽し気な真夜中でありました。

Antonia - P. Metheny -
初めてかな~? って思いましたが、ひろみさんに伺うと、聴いてるはず... とのこと。
で、自らのコレクション見直すと、なるほどあるんですね~
Metheny自身のプレイはもちろんギターで、ライブでは管楽器とピアノ。
私の耳の反応は後者がはるかに上で、
ひろみさんのピアノの記憶が微かにあったという話です。
サックスにオクターバーという装置が付いて、
笛がなってるみたいな感じで、いい効果ありました。

1795.jpg

Gregory Is Here - H. Silver -
これはライブで度々聴いた曲。
ちょっと新たな感覚に感じたのは、
石井さん、サンペイさんによるラテンチックなリズム。
以前の記憶を超えるいい響きでありました。

1791.jpg

後半も珍しい曲が並びます。

The Red Wind - Charlie Haden -
サックス 大いに歌う、ピアノ, ベースが自然描写を広げていく、これもいい世界です。

Butterfly - H. Hancock -
題名くらいなら覚えている... という曲ですねぇ。
栗田さんと石井さんの共演は初めてだったそうですが、時間の経過とともに
石井さんのプレイに味が増してきて、石井くんイエ~ィ の声がピッタリ。

1786.jpg

その石井さんが譜面見て、これやろうと決まったのが
Lawns - Carla Bley & Steve Swallow -
基本 静かな曲ながら、ライブの佳境と言える名演でした。
芝の一本一本を眺める... くらいの丁寧な音が繋がっていました。

1778.jpg

ラストは、Salty Tenors.
サンペイさんのピットインでの思い出からの選曲ですが、
drums の繰り出すリズムのなんと多彩なこと! 圧巻でした。

アンコールはハッピーな Imagine.
締め方も誠にグッドでありました。

ライブは「音捜し」にしたい私。
そんな想いに答えてくれる素晴らしいメンバーであり、
皆さんの全力プレイは、目に耳にしっかり残りました。

記念写真でおしまい。
1797.jpg
1798.jpg

帰宅したら、時はいつもより遅めで、
気づかなかったけれど、演奏の時間たっぷりだったみたいですねぇ。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -