So-net無料ブログ作成

2017/06/26 YAPPO

振っても小雨で、次の日は薄日。いかにも梅雨の前半という毎日。
こんな時、前々から注目していた4人組の出番をみつけて、行ってきました。

店に入った途端に、えらい歓迎受けましたが、
既に客席におられた方も、後から来られたお客さんも、な~んか '濃さ' 感じて
しまう方ばかりで、会員制みたいなふしぎな感覚です。

1280.jpg
昨年暮れのプチライブ以来の 長田悠希さん。
1254.jpg
ほぼ月いちの 鈴木直美さん。
1256.jpg1261.jpg
彼らがいれば間違いなしの 衛藤修治さんと 塩入基弘さん。

ライブはヴェテラン・トリオの instrumental, Stella by Starlight で始まりました。
これが何十マルでもつけたくなるような素晴らしいデキで、vocal に受け継がれる。
Vocal live って、こういう経験 ほんと多いです。
客の耳が肥えたところで、ひとり加わるのって大変そうな気がするんですが...

悠希さん、登場。歌は Wave. はじめだから、抑え気味に...
なんとなく彼女の気持ちを読み取っていました。
But Not for Me, この辺りから、予想していた彼女らしい '迫力' 出てきました。
My Ship, 最も好きな歌曲のひとつですが、
抑えるところ抑えてサビ高らかに... なかなかの感動ものでした。
あと、Love for Sale, Time after Time, Taking a Chance on Love と
お馴染みのスタンダードが続くのですが、私好みの 'ハリ' のあるお声で、
彼女が歌うと、ふつうの曲じゃない '濃い' もの感じました。

2nd set の instrumental は某お客さんのリクエストか(?), Caravan.
イントロからアレンジ効いた、これもいい演奏でした。

1275.jpg

歌は軽いものふたつ。One Note Samba, Day by Day.
可愛く歌うのも、なかなか良し。
大人の歌は Feel Like Makin' Love, いい雰囲気出てた と思います。

1262.jpg

おしまいは季節もの、Summertime と Over the Rainbow.
結局すべてお馴染みスタンダードでしたが、結構な味わいありました。

アンコールはちょっと珍しい L.O.V.E. でした。

Vocal Live はあまたですが、ヴェテラン・トリオがバックという贅沢さ。
そこで伸び伸び 歌い、表現できる頼もしい若手vocalist.
いいもの聴いたと実感できる夜でした。

1283.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0