So-net無料ブログ作成

2016/02/25 Le Club Jazz

半年ぶりのル・クラブで、その時以来の "ARGENTO OSSIDATO".
オリジナル持ち寄りというバンドにはほんと弱いです。

1191.jpg
左から 笹井真紀子さん, 久家菜々子さん , 畠山令さん, 篠崎雅史さん, 齋藤洋平さん.

手慣らし、指慣らしは On Green Dolphin Street.
普通と言えば普通なんですが、各人個性出されてまして、
なかでも畠山さん。思わず見入ってしまいます。

ここから、オリジナル雑感:

1196.jpg
篠崎さんは3曲 + α.
Angels in the dark, Evidence of Mind ~ ...(?), 蒼の間 Ao no Awai, ザ・コール・イン・マイ..(?)
? が多いのは、タイトル聞きこぼれが多いです。
蒼の間 だったか、このバンドに似合う!? 暗~い曲でした。

1193.jpg
久家さんは半年前と同じで、月やあらぬ春や... , 夢浮橋, 水縹 -みずはなだ.
月や と 夢浮橋 はパッションの世界。その高ぶりでメロディ思い出しました。
水縹 は、つい目を閉じてしまうのですが、今回も椅子から落ちそうになりました。

1207.jpg
笹井さん、実は夜な夜なMYMを聴いているので、
何聴いても私にとってはスタンダードなんですが、In dim light はまた格別。
まだ二度目というのに、イントロでこれだとわかりました。

1206.jpg
畠山さん。前回は最もまっとうな曲だったのですが、今回は The well (井戸).
これと言ってメロディはないんですが、久家さんは譜面に記されたメロディを
奏でていたのだろうか... 等、疑問に感じたり。
でも、井戸の底近くの水の音、いっぱい感じさせて貰いました。

1204.jpg
齋藤さんはテーマソング 燻し銀のブルース.
ブルースなのに明るくて、なんともなごやかな心地にしてくれます。

1203.jpg

オリジナルでないものは、El Gaucho - Wayne Shorter (?), Stella by Starlight.

19:30 ~ 23:00 の長めのライブで、今回もいっぱい聴かせて貰いました。
やっぱりいろんな芸や技を感じさせて貰うのは、このバンドではオリジナルかな~
と、いろんな音思い出しながら帰路につきました。

2016/02/09 RAG

5年ぶりにRAGに行ってきました。
撮影は禁止の店かと思っていましたが、説明書きよくよく読んでみると、
そうでもないらしく、初めて撮る機会に恵まれました。

ライブは前座 (オープニングアクトと呼ぶ) から始まりまして、
学生バンド, Piano Trio "DaY-oN Trio".
<大同巌さん(P)吉野和泰さん(B)西野滉平さん(Ds)>
スタンダードを小気味よく... なかなか良かったです。

メインは "井上弘道カルテット".

1175.jpg1176.jpg
1169.jpg1177.jpg

井上弘道さん, 工藤明人さん, 衛藤修治さん, 塩入基弘さん.

お馴染みのメンバーさんですが、ちょっと広めのホールだから興味津々でした。
サックスだから張り詰めた大きい音ってありますが、
広さの分だけ聴く側には余裕があった... そんな感じです。

ステージは明るいが、客席は暗くて、カメラの扱いは簡単ではなかったです。

1163.jpg

プログラムは Stella by Starlight で始まりました。
見てて面白いのは、学生バンドより細かな動きが多い。
ヴェテランになるほど、すること多くなるのでしょう。
オリジナルは Village of Dusk.
聴くたびに確かな印象になってきます。
ブルースは衛藤さんフィーチャーで Bittersweet.
もう何とも言えないジャズの音です。
バラッドは A Fragrant Olive. これも聴くたびに美しい。
そして、Fungii Mama. やっぱりドラムスの音、変わっている。
叩き方? 何かの微調整?

1179.jpg

2nd set はベースとサックスでゆっくり始まる In a Mellotone.
これもヴェテランの音です。
オリジナルは Think of Monk.
弘道さんの十八番だが、工藤さんフィーチャーで Body and Soul.
後で聞いた話ですが、鍵盤のタッチが軽めで
工藤さん、若干苦労されたそうですが、微塵も感じさせないプレイでした。

1183.jpg1171.jpg

O Grande Amor で、夜も更けたと思ったら、
次がラストナンバーで、On The Trail (from 'Grand Canyon Suite').
トッテ トッテ トッテ タララ で耳に残っているクラシックです。
その旋律はそんなに出てくるわけではありませんが、
牧歌的でリラックス感満喫できる、いい終演でした。

1182.jpg

このカルテットのホームは、今後どこのお店になるの?
とか考えながら、マメにスケジュール見ておきましょう。
メンバー皆さん、RAGは久しぶりだったそうですが、
私も久しぶりに行ってみて、のんびり寛げるいい空間でした。