So-net無料ブログ作成

2016/06/27 Johnny Angel

今月はじめの Jelly Beans Trio から引き継がれるように、Jelly Beans Factory.
また行ってきました。
トリオの躍進でどうのこうのと期待・雑念抱いておりましたが、
また新たなJBFを見聞する機会になり、そりゃもう有り難い限りです。
因みに、天気は小雨のち本降りの雨でした。

0073.jpg0074.jpg
Tommyさんと上村美智子さん.
0067.jpg0075.jpg
中島かつきさんと冨永ちひろさん.
照明がフロント重視で、このお二人今回は写真少なめです。
0080.jpg
Guest と言うより、JBF + 1, 松井優樹さん.

広いステージですから、プレイヤー増えるのはいいことですね~

いつものように、Suspender で始まりました。
転調あったそうですが、私はまた気づかぬまま。
2曲目もいつもの流れで Milky Way Blues.
上村さんから最新アルバム「苹果と野茨」の案内がありまして、
彼女のブログを見回してみるとアルバムジャケットでてきました。
uemura_cd.jpg
視聴できまして、Milky ... は、やっぱり歌付きでした。

0068.jpg

ここからフルート加わって 桜ばたけで踊らせて.
フルートの為の作品、改めて聴いてなるほど... です。
「二人で過ごす夜」と紹介されて出てきたのは Signs of the Dawn.
2管のハーモニーで聴くバラッドは最高です。
そして賑やかに Gee で 1st の締めでした。

2nd set は、またトリオで始まり、何だろう? と思っていたらコーラスになって
Tommyさん加わって うしろ髪. まだまだ進化できる曲ですね~

0087.jpg

客席にお馴染みの方がおられまして、やっぱりステージからお呼びがかかりました。
ワサブローさんです。歌はゲンスブールの les Goemons.
ほんと出かけた甲斐ありました。

0055.jpg0077.jpg

松井さん再び登場で、これもフルートの為の作品 モリアオガエルのサンバ.
実に軽快でした。
あまり光届かない後で、のんびりだったちひろさんも最後に見せ場ありました。
Express to the Depth. アップテンポだからドラムス冴えわたるんですが、
曲調はラテン、フルートも冴えわたっていました。

0059.jpg

アンコールで 深海魚の夢.
落ち着きの終演をしっとり聴かせていただきました。

0094.jpg

また機会あれば、+1 のJBF 聴きたいなと願いをこめて、
記念写真2枚です。

0102.jpg
0104.jpg

2016/06/22 Sahouril

1月にお会いしたメンバー、次何処で会えるかなとあれこれ捜していたら、
さうりるで見つけて、行ってきました。
天気は雨。いや、まったく晴天雨音の日々です。

0036.jpg0042.jpg
0052.jpg0047.jpg
flyer.jpg

リーダーはドラムス吉田さん。年少者がヴェテランを引っ張る珍しいバンド。
その吉田さん、初対面でしたが、叩くホーズがなかなか個性的で、見る楽しさ
存分にありました。

0034.jpg

プログラムは、Solar, You Don't Know What Love Is, So Tender, Greensleeves.
地味な曲並び。そしてプレイはまぁどれも幻想的と申しましょうか。
テナー篠崎さんのトーンがやや高めで、仲野さんのギターと上手く絡み合っている。
ボリウム控えめに感じましたが、敬司郎さんの低い音が味付けという感じでした。

Greensleeves では、バスクラ出てきました。
0029.jpg

今回は上手く写真に収まりました。

2nd set は、The Shepherd という曲で、初めて見る楽器が出てきました。
0030.jpg

ディジュリドゥ というもので、低い音。音階はなかったような... ?
写真うつりは地味ですが、目で見た感じはハデな色彩で絵になってました。

バンドの音に変化が生じたのは All the Things You Are.
この曲、なんか自由にやってみるの象徴で、
曲の前半、活発な音鳴ってました。しかし、後半はまた幻想的な音に
戻っていたようで、ほんと気の向くままです。

0049.jpg

全く知らない曲 Uniquetel (?) が出てきて、その次がラスト Lullaby of Birdland.
これも、主旋律出てきたのは中頃で、ナニ? って考える時間ありました。

0053.jpg

ちょっとした雑談で、ドラマーさんの選曲は意外性あるんだ~等呟きましたが、
このバンドの今後の展開に興味ありますね~




2016/06/12 Sahouril

お天気良すぎて出かけそびれること多いですが、昨日は無難に雨。
少々蒸し暑いのなんのその、バスに乗って出かけました。

1500.jpg
1496.jpg1492.jpg

このトリオ、さうりるではお初。
初めてこの店訪ねた時から、トリオには最適と感じていたから楽しみでした。

flyer.jpgflyer2.jpg

オープニングはピアノのイントロがとっても丁寧な Waltz for Debby.
神様Chickの音も捜さなきゃって感じになってきました。
Humpty Dumpty, これも始めにふさわしい... と私は思います。
Tones for Joan's Bones, これが神様の初リーダーの作品らしくて、
まだまだコレクション増やす楽しみあります。

1498.jpg

私がリクエストするなら、コレ ! , というのは Sicily.
グランド・ピアノと電子ピアノ(KORG)とほぼ交合でしたが、
この曲はKORGでほんと気持ちよく弾かれてました。

1487.jpg

休憩タイム。石サマもKORGに興味津々。
お店の楽器だったんですね。これが実にいい音で、ちっくらトリオにはぴったり。
右は某fbで見つけた写真を拝借。

1493.jpgfb1.jpg

Waltse For Dave, これなんですよ。KORGの透明感抜群の音が響きました。
トリオのお得意なナンバーが続々なんですが、Bud Powell そしてSamba Song.
私にしては久しぶりだったもので、どれも感慨深いものでありました。
写真に写ってませんが、斎藤さんがしばしば使うカウベル(?)がラテンチックな
サウンドにぴったりで、石サマの落ち着きの音と姿が絵になってました。

1491.jpg

ラストはSpain申。これがまさしくラテンタッチな仕上がり。
お馴染みのメロディがチラっと出てきたのは中盤ごろだったでしょうか。
フロントにフルート入る時は、何処でどんなメロディ吹くんだろう?
といろんな想像しながら楽しく聴かせてもらいました。
アンコールは隣の客人のリクエストで、Armando's Rumba.
これもラテン。いやまた、実にラテンに縁ある月になったものです。

1504.jpg

次回の予定が秋に決まったようで、また楽しみにしておきましょう。

------------------------

もうひとつ、某fbから借用した写真。
お店の電子ピアノ、型番はSV-1.
因みに、譜面台に隠れてはじめわかりませんでしたが、
持ち込まれた小型キーボードが乗っかってました。

sv1.jpgsv1-2.jpg


2016/06/06 Murra

flyer.jpg

2週前の Johnny Angel でマスターからもらったフライヤ。
他店の宣伝もされるんですね~
お人柄に心動かされて選んだライブでもありました。

1469.jpg

オープニングはモンロー調の優しい歌。
親愛、敬愛の相手はカルテット・メンバーのバンドリーダー。
この姿勢を最後まで貫かれ、ジワジワ感じるところいっぱいでした。

1471.jpg

Suspender は歌付きにリニューアル。
Vocal は期待していた かつきさん。決まってました。
Milky Way Blues, これは元々歌詞あったのかも..?
日本語で上村さんがしっとり歌われる。

1475.jpg

一寸、記憶怪しいが、全員参加のラテンリズムは うしろ髪 だったか?
これ、ついていけませんでした。
上村さんのジャジエンカ 夢芝居 出てきました。
聴くのは実に久しぶりですが、トリオのアレンジなかなか決まってました。
1st の締めは、Cicada!
アルバム「サスペンダー」で最も秀でたプレイと個人的に思うのですが、
ライブでは初めて聴きました。
そりゃもう、イントロからフィニッシュまで凄かったです。

1472.jpg

トリオでひとりひとり vocal solo をするというチャレンジは I Will Wait For You.
これ、カルテットでもチャレンジしてみたら... と思ってみたり...
Take Five, おお珍しい... と思ったら、それだけじゃありません。
お馴染みの童謡付きには驚きでした。
セロリ。ずいぶん歌われた かつきさん ですが、これがベスト。
ちなみに歌詞は親愛なるバンドリーダーに捧げるものでした。

1474.jpg

Base Ball Blues, 譜面には B. B. B. と書かれてました。
これは上村さんの世界。しかし、主役はちひろさんに渡している。
全員参加で盛り上がりました。
ラストは 深海魚の夢。
いわゆるふつーの演奏で締めと思いきや...

びっくり仰天のアンコールは三本締め。
めでたいお開きでした。

いやまったく、恐れ入りましたの世界でした。

記念写真。

1479.jpg
1482.jpg

こんなんもあります。

1481.jpg

Jelly Beans Trio はデビューライブだったのですが、
ますます Jelly Beans Factory への期待が膨らみました。
さて、私はいったいナニを期待しているのでしょう... !?