So-net無料ブログ作成
検索選択

2016/07/30 Sahouril

お店のライブスケジュールに、懐かしいお名前見つけて、
突然行こうと決めたライブです。
リーダー吉村さんは初めて。
写真に見覚えありますが、あれこれ見るまでもなく、Pochi さんだとわかりました。

0269.jpg
吉村 聡さん。あれこれの中には、結構強面な写真もありますが、
演奏ぶりも、お話ししていても、実に優しいジェントルマンでした。

0275.jpg0272.jpg
某岡崎のライブでいつも共演されている工藤明人さんと矢野克宏さん。
ここまで三名は Sahouril 初登場で、これからまたお会いできることでしょう。

0266.jpgflyer.jpg
木曽稔之さん。彼は Sahouril の常連さんです。

初めてのバンドは出し物に興味深々ですが、
Look to the Sky で始まりました。
Trumpet の音、もちろん男性ならではのボリウム感じますが、
曲調に合わせた軽やかな吹きっぷりでした。
バラッドは I Thought about You, 出だしのピアノがお馴染みアレンジの
I'll Remember April.
初めて聴くメロディは Ms. Garvey.
一寸ラテンチックだったか? 最近の流行りか?
ともあれ、trumpet に切れと冴え感じるいい曲でした。

0279.jpg

2nd set は Tadd's Delight から。
お馴染みとは言え、選曲ごとにプレイスタイルに変化が見られ
まっ、何でもやったことあるのヴェテラン達の技です。
Blue and Sentimental はベイシー時代の L. Young と話に出てきて、
プレイスタイルは完全にスウィング
更に、おじさんたちの Alice in Wonderland.
ほんと笑わせてもらうプログラムでした。
ラストはアップテンポのアレンジで、I've Grown Accustomed to Your Face.
映画ではどんな曲調で流れていたのか、全く覚えありませんね~

0276.jpg

アンコールは久しぶりに聴く 8ビート, Strasbourg Saint Denis.
いや、カッコいい終演でした。

Sahouril も少しずつ私ら世代のミュージシャンの登場が増えてきて
楽しみ多いな... と感じる夜でした。


2016/07/25 Johnny Angel

雨降りだしそうで、結局帰るまで降りませんでしたが、
涼しい夏の夜のお出掛けでした。
Johnny Angel では、私が一番客だったことしばしばありましたが、
Tommy Angel Monday Special は回を重ねる度に客足順調で、
昨夜は私が着いた時、既にお顔存じるお客さん数名。
そのうち一名が凄腕フォトグラファーで、
お蔭で私はバッグも開けずに気楽に観戦・歓談というので始まりました。

"Jelly Beans Factory" +1

0218.jpg0222.jpg
0224.jpg0226.jpg

冨永ちひろさん, 上村美智子さん, Tommyさん, 中島かつきさん.
+1 は後ほど。
揚げる写真、今回は撮影順です。
気楽に撮ると、満遍なく撮れるんですね。

プログラムはいつもと同じで、 Suspender で始まりました。
かつきさん、上村さんの呼び声、益々冴えてます。
2曲目から 松井優樹さん 加わって、Barefoot Neighborhood.
さて、一年くらい前に聴いたでしょうか?
昔の作品なんだそうですが、2管で映える曲いろいろあるようで、
これもいいハーモニーでした。
Signs of the Dawn, このところ、現実か夢の世界かわからぬ紹介で出てくるのですが、
昨夜は2管がメロディを繋げていく... 夢っぽいプレイでした。
Cicada!
私はこの曲でカメラをバッグから取り出しました。
珍しく ちひろさん に照明が当たって「撮るなら今でしょ」の感覚。
冴えたドラムで始まるプレイは JBF の醍醐味と申しておきましょう。

0227.jpg0231.jpg

2nd set も出だしは trio でイントロ、Tommyさん加わって うしろ髪。
これ以上にアレンジ効いていたのは Milky Way Blues.
イントロは長めのピアノソロでした。

0236.jpg

そして、蔵出物その2、その3.
At Tea Time.
標題のとおり、寛ぎの音でした。もちろんフルートもゆったり。

0240.jpg
松井優樹さん。
0242.jpg

フルートという楽器、撮るのは難しく、撮影順では最後に登場です。
蔵出物その3は Spiciana.
辛口と申しましょうか... とっておきのラストに相応しい!

0248.jpg

アンコールは cool down, 深海魚の夢。
落ち着いた終演っていいですねぇ。帰り道も音が脳裏に残ってました。

他に、 ミノカサゴ なんかもまた聴いてみたいですね。

記念写真はバー・カウンターの前で。2枚目は撮影 Kanaさんです。

0252.jpg

0255.jpg

さて、JBFは月いちで、8月は22日。また日が近づいたら考えよう!

おみやげはこれ。

0257.jpg

「銀河鉄道の夜」を読んだのは遠い昔。
物語は思い出せないですが、ひとつのテーマで仕上げられた10曲は
なんか別の世界にいざなう力持ってます。
ライブで見聞するのと一寸異なるこの音に、暫くはまりそうです。


2016/07/17 SOEN

祇園祭から遥か西。お祭りのエリア外で、花園駅から店までの道は普段どおり。
季節柄蒸し暑いだけでした。
これも、ねぎらいのひと声で吹っ飛びますね。

まだ約2回目ですが、身近に感じるメンバーさんは、

0202.jpg
秦乃里子さん;
0197.jpg
久保田雄大さん;
0204.jpgflyer.jpg
高坂朝子さん.

オープニングは flute & guitar デュオで Batida Different だったでしょうか。
歌の始まりは Lullaby of Birdland. これライブで聴くのは久しぶり。
まっ、それより、暖かで伸びやかなお声を思い出しました。
夏モノは Summer Samba.
珍しいのは Overjoyed -S. Wonder-.
久保田さんは持ち込みのギター、お店のギターいっぱい並べておられましたが、
この曲が上の写真 Morris じゃなかったかな?
歌を聴くのは多分初めての For All We Know,
思い出多い曲ですが、乃里子さんは Donny Hathaway 一家の思い出とか。
1st の締めは Softly as in a Morning Sunrise でした。

0206.jpg

2nd は軽快に The Girl from Ipanema で始まりました。
乃里子さんはどの曲からだったか、ギター弾き語りになってますが、
ちゃんとギター・ソロもある確かなものでした。
歌の力ってのを感じたのは God Bless the Child.
彼女の歌のルーツは黒人に有り... と、かってに想像しました。

0207.jpg

オリジナルは、数まだ一桁と仰ってましたが、約束の地。
はじめメロドラマに聴こえましたが、いや、もっと深かったです。

大きな道具持ち込む人がいるもんだ~と眺めていたら、
なんと、コンガでした。
嬉しいことに、ゲストで参加されました。

0209.jpg

DORANEKOさんを加えて、On Green Dolphin Street.
写真のとおり、視野角広がるのですが、
打楽器の効果ってそれ以上に凄いです。
あっという間に時間がきて、
ラストはサンバ・アレンジの There'll Never Be Another You でした。

0213.jpg

おまけ がありまして、花火の宴。
お店の駐車場でしばし遊びました。今夏の思い出の最初のページですね。

0216.jpg

さて、このところ少なめだったヴォーカル・ライブが続きましたが、
やっぱり人の声っていいですね~

2016/07/15 Candy

雲の間から月が見えるまぁまぁの天気で、京都は祇園祭宵々山で賑わう夜。
花見小路はひっそりでしたが、Candyは相変わらずの盛況です。

0179.jpg0181.jpg
0174.jpg

ライブは久しぶりの杏理さんと、初めての清水玲奈さん、名倉 学さん。
既に5、6回の共演とのことで、気の合ったプレイが繰り広げられました。

はじまりはピアノ, サックスのデュオで、アンダルシアの...?
両者譜面なしでノリノリの音。
歌はスタンダード&ポップスということで、はじまりは Just in Time.

0188.jpg

軽い出だしですが、やっぱり引き込まれてしまいます。
次は、ステラフレンドオブマイン(?). 清水さん、名倉さんも歌うコーラス付き。
バラッドは You Taught My Heart to Sing -M. Tyner-.
何処かで聴き覚えのあるいい歌でした。
ちょっと工夫のあるイントロは Old Devil Moon.
杏理さんの十八番は So Many Stars. 懐かしいですね~
これもコーラス付きだったか、Carnival -Cardigans-.

0172.jpg0176.jpg

2nd set もデュオで始まり、今度はアップテンポ, Midnight Sound River.
名倉さんのオリジナルなんだそうで、もっと他も聴いてみたくなりますね~

歌はスタンダード2曲、On Green Dolphin Street と
A Nightingale Sang in Berkeley Square.
近頃ヴォーカルライブと縁遠くなってますが、
こんなの聴くとまた戻ってみよう! そんな気分になります。

Beyond_My_Gaze.jpg0184.jpg

このアルバムから出てきたのは Sweet Love.
録音もサックス活かしたアレンジだったと思い出しました。

0190.jpg

名倉さん一曲お休みで It Don't Mean a Thing.
スキャット、もちろん冴えてました。
私にしては珍しいJ-popは、Time Will Tell -H. Utada -

ラストはお馴染み A Song for You が聴けました。

0192.jpg

アンコールは Don't Get Around Much Anymore.

短い時間の十数曲ですが、いろんなタイプの歌聴けたし、
バックのプレイも抜群で、いい三人組でした。

次の機会もあるようで、また楽しみです。


2016/07/04 Johnny Angel

梅雨明けてませんが、猛暑になった日。蒸し暑~い夕方、バスに乗って出かけました。
先週と同じ Tommy Angel Monday Special . バンドはTommy~Yuuki Quintet.

0142.jpg0148.jpg
選んだテーブルは Tommyさんの真ん前。
フルート Yuukiさんをいい角度から見る位置でもある。

0137.jpg0157.jpg
ピアノ長嶺絵梨さんはお初。ベース 衛藤修治さんはお久しぶり。

0136.jpg
ドラムス 本田哲雄さん、彼もお初。

さて、ナニやる人たちか全くわからなかったのですが、
スタンダード Softly As in a Morning Sunrise で始まりました。
夏っぽさ感じる選曲は Agua De Beber.
よくあることですが、曲進むにつれてバンドの一体感が確かになってくる。
かと思えば、次はフルート休みの quartet で、Body and Soul.
Quintet に戻って、初めてボリウム感が満ちたのは ダツに気をつけろ!
1st set は、いろいろ試してみようの場でもありましたが、
それでいて、各ソリストのプレイはなかなかの充実ぶりでした。

0155.jpg

2nd set はピアノのイントロですぐわかる 森のくまさん で始まりました。
アレンジが松井優樹さんで、誠に微笑ましい!
そして、Manha De Carnaval. 二管の魅力を何より求める私ですが、
実に見事なハーモニーでした。

0140.jpg0165.jpg

途中からゲストが加わり三管の sextet.

0151.jpg

古く Mojo West の時代から関わってこられたという安田直弘さん。
曲は Feel Like Makin' Love.
ゆったりテンポの中、艶やかなメロディが次第に熱帯びる。
各々が千両役者に見えた、そんなひとときでした。
フロント三名だから、曲長くなるんですが、
リズムの三名もいい役割されてました。

0158.jpg

ラストは Footprints で、如何にもジャズっぽく締めくくり。
見るぶんには、フルートの角度の違いが面白く、安田さんの音は往年の〇△さんを
思い出したり...

0167.jpg

Monday Special はほぼ毎週。
また面白そうなもの見つけて出かけたい... そんな気分になるいいライブでした。

2016/06/30 Le Club Jazz

日没の頃に雲切れて、久しぶりに傘いらずのお出掛けでした。
しかし、蒸し暑くて、大きなホールの冷房は有り難いものです。

ライブは2月以来の 'ARGENTO OSSIDATO'.
いつものようにオリジナル持ち寄りで、
初めて聴いて染み入るもの、もう一回聴いてみないとよくわからないもの、
いろいろです。

0120.jpg0119.jpg
0122.jpg0118.jpg
0127.jpg
篠崎雅史さん, 久家菜々子さん, 笹井真紀子さん, 畠山 令さん, 斎藤洋平さん.

うつろい人 -Kuge- で始まりました。
徒然草でしたか...? 心うつろう人間らしさがテーマなんでしょう。
まっ、はじめから、このバンドらしい音です。
Out of Nowhere, こういうのは聴き流しておこう... の気楽さありです。
Untitled -Hatakeyama-, 街や人は変わっても、遠くに見える景色は変わらない。
音はやや暗めの情景詩でした。
蒼の間 -Shinozaki-, これは2回目。
プレイスタイルから2管の為の曲というのがわかります。
問題はタイトル。 タイトルから検索で出てくるのはホラー・イベントだったり...
ま~だまだわかりません。
セットの締めはテーマ, いぶし銀のブルース -Saitoh-.
ブルースながら音はホット, ほんと心地よいです。

0113.jpg0116.jpg

フロントは楽器持ち替えありまして、出てきたのは alto flute, bass clarinet.
どちらも違和感なく、楽曲に自然に溶け込んでいました。

2nd set は untitled -Shinozaki- で、
テーマはなんと井戸 (前回の井戸は畠山さんでした).
みなさんに言えることですが、非日常に題材求めるんですね。
Stablemates, これは 2nd の箸休めでした。

0125.jpg

早くから、メーン・イベントの予告ありましたが、とうとう出てきたのは、
In dim light 1&2 -Sasai-. No. 2 は初お目見え。
No. 1 は緊張感ある薄暗さ。もちろん聴けばアレと思い出せる。
そして No. 2 はテンポ速めて緊張感やや緩めているが、これまた圧巻 !
3, 4 はさてどんな展開が待っているのか?
新たな期待が生まれました。

0129.jpg

3rd set は Moonboat -Kuge-. 秘色 (緑と青) を合わせた曲、そんな紹介で
始まりました。もうちょっと物語聞きたかったとの思いもありますが、
静かな夜の風景が流れていました。
スタンダードは I Didn't Know What Time It Was.
まっ、これが一番軽快でした。
ラストは あじさい -Shinozaki-.
フルートの為の作品に聞こえ、このバンドに似合っる感じでした。

そんなこんなで、新曲を含め、数々のオリジナルを楽しみました。
徐々にお客さんも増えてきて、
'ARGENTO OSSIDATO' は確かな道を歩んでいるようです。