So-net無料ブログ作成
検索選択

2017/01/22 Sahouril

珍しく朝に所用済ませて、午後ひまな時間に時雨、
宵は冷えてましたが雲間から星見える、まぁ無難な日でした。

お店に着いたら、久しぶりの一番客。
演者らと談笑していたら開演の時間になりました。

0616.jpg
0615.jpg0612.jpg
奥村斉さん, 石村義弘さん, 斎藤洋平さん.
久しぶりのチックらトリオです。

このメンバーではスタンダードに属する3曲で始まりました。
まず、Bud Powell. これが指慣らし、肩慣らし。もちろん三名とも好調です。

0611.jpg

Windows, ずっと以前からラジオでBGM調に聴いていたメロディはこれだったかな...
と、ひたすら気楽に聴けます。
500 miles high, やっぱり歌付きも時々は聴いてみたい... と思ったりするのですが...
客の一名が vocalist でしたが、お話しただけで終わったのがこれまた残念。

0626.jpg0621.jpg

2nd は珍しい曲聴けました。
again_and_again.jpg
このアルバムから、Quintet #3.
オタマジャクシ複雑そうな神様らしい曲でした。
続いて、Waltse, Again and again. これらは一寸別の境地。
Waltse なんかは、F. Purim が出てきそうな綺麗なメロディでした。

0622.jpgflyer.jpg

スタンダードに戻って、Almunds Rumba.
斎藤さんのラテンのリズム、冴えわたってました。

0627.jpg
人生の半分以上の長きにわたり共演されてるそうです。

とっておきの main event はラストでした。
もちろん Spain 酉, 京都では初演。
酉ですが、案外メロウに始まって、途中ハービらかしを感じたり...
これまでの作品との違いは、神様の原曲に寄り添ってるところ多かったかな... ?
後半はラテンチックに盛り上げるいい締めでありました。

おしまいは記念写真。これもなかなか締まってます。

0636.jpg

-----

拝読した 「Spain 酉」ストーリーのあらすじ 揚げときます。
KFC養鶏場で誕生したひよこくんはずば抜けた脚力とステップで
そこから脱出する。
鋭い反射神経で動くものなんでも捕食して、姿はひよこのままで
大きく成長して仲間を驚かせた。
非凡でクレイジーなひよこくんは、巨大ひよこ"チーキーくん"と
呼ばれ、修行して闘鶏になる道を選んだ。
コロシアムに立ったチーキーくんは巨漢を秒殺するが、その勢い
は天変地異を引き起こし、生物さえいなくなった地球を後にする。

後略

という壮大かつロマンチックなアクション巨編、奥村 斉 著です。


2017/01/20 Murra

寒い日が続いてますが、昨日は大寒。これ以上寒くはならんだろう... の節目の日。
バスに乗って出かけましたが、中心街は相変わらずの渋滞で遅めの到着でした。

0603.jpg
ヨシノミナコさんと

0600.jpg
ずいぶん久しぶりの 高田亮介さん。

デュオは2回目と仰ってました。
始まりは The Song Is You.
寒かった道のり忘れさせてくれるホットな雰囲気。
いや、しかし、お二人の息ぴったりで、次々展開が楽しみになりました。
One Note Samba, 高田さん、ギターを叩いてるリズムかな~と思ったら
軽く弦弾いておられました。ほんと、いろんな音出てくるものです。
How I Wish Ask Me Now, Monk原曲の歌付きですが、ギターのバックも
また面白かったです。後に、Man, That Was a Dream (Monk's Dream) も
出てきました。

0599.jpg
ピアノは使わず、終始二人並んでのプレイでした。

オリジナルは Unwanted.
お客さんの一名が English ふつうに理解できる人だったんですが、
歌詞に出てくる架空の男性にひどく同情されてました。
スタンダードは I Concentrate on You.
いわゆる気持ちのいいヴォーカルとギターの気の効いたバック、いいものです。
久しぶりだったのは Thousand song.
アレンジが良かったのか、デュオの為に書かれた曲。そんなイメージでした。

0594.jpg

2nd set は It Might As Well Be Spring.
こんな季節にこそピッタリです。
初めて耳にするオリジナルは No star in the sky.
背景はもちろん闇なんでしょう。その中で何がうごめくのでしょう?
またの機会に想像してみたい。
Dindi, 抑え気味で始まってサビ高らかに。目閉じて聴き入りました。
これやったら面白そう... は Risky War.
高田さん大いに遊び心発しておられました。

0605.jpg

ラストはタイトル聞き逃しましたが、blues (あなたの愛の... ?).
これがまた締めに相応しい熱いブルースでした。

アンコールは軽快に I Hear Music.

帰り道は来る時より冷えてるはずですが、
いろんな歌思い出しながら歩いたら、そんなに寒さ感じない冬の夜でした。