So-net無料ブログ作成

2017/12/10 Neue Musik

京都駅から西に走って二つ目の「桂川駅」、いつできたのでしょう?
日曜の午後に結構な乗降客でした。
東に数分歩いたら Neue Musik に着きました。ウチから20分、なんと近いこと!

' アンサンブル サウンドドレス ' の「フランスのお茶会と、サロンコンサート」に
お声がけ頂いたのでありました。

flyer.jpg

出し物が何やら難しそうで、YouTubeで視聴したり、フランス文化に詳しい方に
あれこれ尋ねた数ヶ月。
どこを切ってもフランス風味が溢れている... と紹介されているんですが、
映画に出てくるお洒落なパリの風情とは何か違う、絶対違うの印象が膨らみ、
「サッカーのフランスチームの荒々しさ、あれがフランス。」
こんな助言が理解への第一歩でした。
そうこうしているうちに、生で見聞きできる日がやってきたという話です。

挨拶と簡単な曲紹介の後、演奏は定刻に始まりました。

エルネスト・ショーソン:
ヴァイオリン、ピアノと弦楽四重奏のための協奏曲 ニ長調 作品21

第1楽章 決然と(Décidé)

0709.jpg
solo violin と 後方に piano.
0707.jpg
1st violin, 2nd violin.
0718.jpg
viola と cello.

ピアノの明瞭な3音、これがテーマであり、主旋律。
四重奏が順に加わり、厚み増した上で、solo violin の弓が動きます。
ここから物語始まりました。
Violin sonata でもあり、四重奏が加わっている時は violin concert.
その両方楽しめるのですが、ソロはお一人立ち姿勢なので、動きが華麗ですね~
視線は随分偏ってしまいました。

第2楽章 シシリエンヌ: 速くなく(Pas vite)

ゆっくりテンポの6/8拍子。
ここでのんびり聴き入っていたいのですが、とても短い楽章です。
カメラをバッグから取り出して、ほんの数枚撮ったところで終わりでした。

0711.jpg

休憩、私はいつものように外。仲間3, 4人いました。

フランスのお茶会は、美味しい紅茶とマカロンで開演前に頂きましたが
部屋に戻って紅茶もう一杯。紅茶は滅多に飲まないので、満足感人並み以上です。

ほどなく演奏再開で、
第3楽章 荘重に(Grave)

0714.jpg

solo violin 交替です。そのソロで始まる暗~い楽章です。
簡単な解説ありましたが、各々の役割が少しずつ変化していくのがわかります。
中低音がメインで、高音がバックに回る時など顕著でした。

0716.jpg

第4楽章 非常に活発に(Très aminé)

最終楽章はさらに複雑。
主旋律が左行ったり、右行ったり。ピチカートは随時挿入みたいな忙しさ。
二つの異なる旋律が絡み合ってると思ったらいよいよ終盤。
はじめのテーマが出てきそうな予感... と思ったところで激動のフィナーレでした。

0725.jpg

終始、真剣な面持ちで、緊張感に満ちた演奏とそのメロディに、
挑む、闘う、しかも勝利する、そんな強い意気込みとともに、時に冷静な思考、
ほんといろんな人間性を感じました。
これもひとつのフランスの香りなんですね~
闘うサッカーチームの姿を再び思い出したのでありました。

資料見ていると、ショーソンはこの曲の初演で好評得たようですが、
これは生で見る曲なんかな~ そんな気がしました。
音聴いただけでは、誰がナニやってるのか不明で、それはそれでいいかも知れませんが、
見ることは間違いなく面白さ倍増でした。

ショーソンの音楽を「重さと心地よさ」と表現する方もおられますね。
ゆるくて甘美なクラッシック音楽が元々好みでしたが、
これを機に、また視野広げていきたいものです。

アンサンブル サウンドドレス のページは
https://sounddress.wixsite.com/sounddress

今後の企画をまた楽しみにします。


nice!(0)  コメント(0) 

2017/12/03 Les Muses K'afe

12月は暖かな日々で始まり、この日は七条京阪経由の大手筋。
余分な街歩きも軽快なものでした。

ライブは15時から。このタイミング、すっかり気に入ってます。

0659.jpg

Vocal live, オープニングはトリオの演奏で始まりました。
左から、河野多映さん, 佐渡文彦さん, 武藤ケンイチさん。
曲は Four on Six - W. Montgomery -
ギタリストの作品って知らないもの多いですが、ゾクゾク感溢れてました。

2曲目で tomo hiranoさん登場。
0689.jpg

歌は I Hear Music. 朝のもの音から物語が始まる 元気な歌だったんですね。

The Thigs We Did Last Summer.
この辺りから、悲喜こもごもの恋愛ものですが、これは良かったですね~
季節感もピッタリでした。

0665.jpg

続いて The Way You Look Tonight と I Fall in Love Too Easily.
恋愛もの, タイプの違うものいろいろてすが、バックの寄り添いも素晴らしく
いい歌に仕上がってました。

「さて、今回は、何が出るかな~」と、予告ありましたが、
出てきたのは、武藤さんの vocal.

0671.jpg

It's Only a Paper Moon.
普段と異なるメンバーでも、やっぱり十八番ですね~

前半の締めは、4ビートアレンジの My Favorite Things でした。

0673.jpg

後半の instrumental は Autumn in Rome.
映画音楽なんだそうですが、知らないものいっぱいです。

ここから、クリスマスもので、Let It Snow.
訳せば「雪よ降れ降れ」、歌で聴くのは久しぶりでした。

0683.jpg0662.jpg

Vocal 三人目は 佐渡さん。
The Christmas Song, 間奏はもちろん violin. ナニやっても絵になる人ですね~

0680.jpg

歌は tomoさんに戻って、
I Can't Give You Anything But Love, Gee Baby, Ain't I Good to You,
見上げてごらん夜の星を.
私の好みは、ぼやきの Gee Baby ... ですが、まぁいずれも歌心たっぷりでした。

0675.jpg

恒例のシャンソンがないな~と思っていたら、ラストは Autumn Leaves.
フランス語の歌に、これシャンソンだったと やっと思い出しました。
ゲスト3名がお一人ずつ歌で登場され、それぞれいい味出されておりました。

アンコールは軽快に All of me.
すっかり時間超過してましたが、おしまいまで快適な歌と演奏でした。

記念写真。2枚目は + ゲスト3名です。
0697.jpg
0699.jpg

次回は 2月18日 とのことです。

nice!(0)  コメント(0) 

2017/11/27 Johnny Angel

日々気温は上がり、小春日和。
二日続きですが、出かけるのに戸惑いは不要でした。
バスで東大路を北に進みますが、混んでいた車内は五条坂あたりでガラガラ。
夜の観光客は清水寺まで。祇園は平穏でした。

Jelly Beans Factory, 私は8月以来。

1751.jpg1725.jpg
1748.jpg1743.jpg
1729.jpg

Tommyさん, 上村美智子さん, 中島かつきさん, 冨永ちひろさん, 松井優樹さん.

オープニングは、Do you know ... ? の出囃子から Suspender.
休んでる間に、また一工夫ありました。

2曲目, Side By Side - Harry Woods -
ここから優樹さんが加わりました。まだレギュラーではないんですね。
因みに、古い曲ですが、ジャズ系バンドでは珍しい選曲。
でも、2管にピッタリ... と言うか、グッドな選曲です。

1756.jpg

Milky Way Blues, 毎回登場なので、イントロ勝負でもあるのですが、
季節ピッタリな「もみじ」でした。

ライブ告知に「新曲やります」と書いてあり、もちろん楽しみ。
ツアー回ると出会いも刺激もありで、イメージ生まれるそうです。
そんな中、新しいサウンドは gipsy jazz のスタイル, 「東へ飛べ」。
はじめ テンポのあるラテン? くらいに聴こえたのですが、やっぱりなんか違います。
Gipsy jazz を全く知らない私が言うのも変ですが、いい感覚でした。

1730.jpg

後半は恒例の出囃子 + うしろ髪 から。いつもどおりに好調です。
そうそう、Did you know ... ? からの展開は初めてだったかも?

1761.jpg

新曲 その2は「雲を割いて西へ走れ」、先ほどと対になるタイトルですね~
初聴きで十分ハマるところありますが、この先何回も聴いてみたいものです。

1740.jpg

これは初めてかどうか...?
Lonely Night - TAEYEON - まぁ、元を全く知らない私ですが、
なんか興味わいてくる切ないメロディでした。

1735.jpg

ラストは Barefoot Neighborhood.
それまで大人しかった かつきさんの ブンブンベンベンの迫力のイントロ、
終盤の Tommyさん, ちひろさんのなんとも明快な対話等々、聴き応えたっぷりでした。

1764.jpg

アンコールは 深海魚の夢。
Flute solo 時の trombone オブリガードが夢のハーモニーで、
trombone solo 時の flute のリレーがなんともしっくりいいものでした。
前も書いたかも知れないけど、ミノカサゴ も、いつか聴いてみたいものです。

1737.jpg

もしかして今年最後... の時季ですが、来月のいよいよ年末もあるとのことでした。
また楽しみです。


nice!(0)  コメント(0) 

2017/11/26 京都市北文化会館 創造活動室

4日続きの晴れで寒さ緩んだ午後、地下鉄北大路へ向かいました。
その時ぐらいから空は薄曇りでしたが、時間早めだったから、すぐ近くの加茂川沿いを
散策して、それから会館に入りました。
「創造活動室」は意外に大きく、吸音壁しっかり整った部屋でした。

楽団は「京都弦楽合奏団」、ニューイヤーコンサートより規模は小さく
4人かそれ以上の弦楽アンサンブルを聴かせてくれる、楽しみにしていたコンサート。

あいにく入院で参加できなかった友人がいるのですが、ちゃんと穴埋めされて
プログラムどおりに進行できるのはさすがなものです。

曲順に並べてみました。

Bach: Fuge in g moll BWV578
Gounod: Valse from Faust

0626.jpg

オープニングは奏者も観客も緊張するものですが、曲も緊張感たっぷり。
左から一名ずつ奏で始めて、やがて合奏でした。
そして楽しみにしていたワルツ。これは和めます。

Sado: Tropical Lounge

0628.jpg

Violin 佐渡さんのオリジナル。これ聴くの2回目か?
アレンジはそうそう変わるものではないでしょうが、
南国の色合い 今回は鮮明でした。

Dvorak: Miniatue

0633.jpg

今回、最も楽しみにしていた一曲。
調べてみると piano, violin デュオもあるようですが、弦楽による滑らかな流れは
期待どおり。うっとり聴き入りました。

0634.jpg
0635.jpg

Vivaldi: Violin Conderto

0637.jpg

「四季」かな? と勘違いしてました。これは緊張感ある曲ですね。
初めての 立ち ポーズで、実に締まった音してました。

0638.jpg0640.jpg

Mozart: Divertiment k.138

0646.jpg

休憩後の再開はモーツァルト。
モーツァルトらしい早めのテンポに音符いっぱい並ぶ軽快な音。
カメラ揺れてないか不安でしたが、大丈夫でした。

0648.jpg

Mendelssohn: String Symphony XII

0651.jpg

ラストは、たぶん全員登場の11名。
メンデルスゾーンに、こんな重厚な作品あったんですね~
私のような初心者には難解な旋律ですが、3楽章の壮大な音はコンサートの
フィナーレに相応しい感動ものでした。

0653.jpg
0654.jpg

来年は3月に定例コンサートがあるそうで、その練習も兼ねて...
とお話しありましたが、小編成でこれだけいろいろ聴かせてもらったのは
初めての経験でした。
いろんな作品に入り込んでいく奏者に、見ている側も引き込まれていく...
そんな充実した時が流れていく いい空間でした。

0643.jpg

program2.jpgflyer.jpg

京都弦楽合奏団 ホームページは
http://www.geocities.jp/kyoto_string_ensemble/Top.html

----- ----- -----

コンサート前の賀茂川散策。
およそ、北大路橋から北山橋です。モミジは少なく、サクラの木の残り葉が
晩秋を現わしていました。

0622.jpg
0623.jpg
0624.jpg
1718.jpg
1720.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

2017/11/16 Candy

11月にしては寒い日が続き、紅葉の便りも例年より なんか早め。
これで雨降りだったら、ウチで温かく過ごすところなんですが、
よ~く晴れるものだから、やっぱり出かけました。

『ヨシノミナコ・カルテット』, 本年4回目。

1635.jpg1623.jpg
ヨシノミナコさん, 多久雅三さん,
1629.jpg1628.jpg
荒玉哲郎さん, 斉藤 良さん.

2月から登場した斉藤さんもレギュラーになって、選曲の幅も広がって、
いいことですね~

前半はこんなリスト。
words, words, words!!
Unwanted
When You're Wind
Sailor Song
No Star in the Sky
Sun in My Mouth
Carnival
Good Pawn

新旧取り混ぜですが、曲調多彩だから、いいように繋がっていきます。

1649.jpg

このごろ毎回出てくるのは No Star ...
短調で、寂しさの限界... みたいに聞こえるのですが、
このサビの盛り上げが凄くて、song of the year と勝手に感じてます。

カントリー・バラッド風の Carnival.
これはミナコさんに出会ったほんの初期の頃、お店のBGMで聴きました。
いや、なんとも懐かしい。

1624.jpg

昨夜は珍しいことに、デジイチ持ってるの 私いれて3名。
何処かで拝見したいものです。なにせ Candy は何年経っても上手く撮れないもので。

後半はこんな感じ。
Now You Don't
Fire Escape
A thousand songs
Risky War
Goodbye Merry-go-round
Plan of River
Question
Turquoise
Night Rider

何度か聴いてるわりに記憶が薄かったのは ... Merry-go-round.
昨夜はなんかジワジワ感じるもの芽生えてきました。

1630.jpg

終盤に新しいのが3曲並んでますが、MCとの繋がりで面白かったのは Question.
何処かの大統領の顔が浮かびました。
他2曲はまだ暗中... です。

前にも書いてますが、ドラムスの役割ってほんと大きいもので、
ラストのバラッドの あの木屋町通りの空気感に、今回もウルッ とくるものありました。

1645.jpg

アンコールは、まぁいつものように Fountain Suite で、カラッと終りました。

私はトリオの時代含めて、足掛け5年の付き合いになりました。
進化も変化もあることでしょうが、まだこの先見守りたい... 不思議なご縁です。


nice!(0)  コメント(0) 

2017/11/07 Candy

晴れ続きで、日が暮れても暖かさたっぷりの宵。行先は久しぶりのCandy.
笑顔で迎えてくれたのは、

1612.jpg
1608.jpg

杏理さんと今出さん、そしてお店のマスター。
この店で両名と初めて会ったのが7年前。それから1年くらい通いましたが、
まぁそれっきりで、懐かしい顔合わせです。

Piano solo, Girl Talk で始まりました。
相変わらずのダイナミック、且つ繊細なタッチです。

歌は Beauty and the Beast.
はじめっから、高音部も冴えわたっていました。

スタンダードは歌で聴くのは久しぶりの I Didn't Know What Time It Was.
結構スローなテンポで言葉かみしめながら。

1613.jpg

日本語1曲、眠れぬ夜は君のせい。
そして、たぶん、杏理さんの思い出の1曲 How High the Moon.

B. Bacharach は今出さんのお勧めで始まったのだそうです。
A House Is Not Home, これも随分昔の曲ですね~

ちょっと珍しいのは Open Your Eyes You Can Fly - Flora Purim -
ギター, ベースがなくてもビート効いてました。

2nd set の piano solo は知らない曲でした。
歌は F. Purim 続きで Las Olas. 「波」なんだそうです。
こちらが Purim 調と申しますか、全編スキャットでした。

お馴染みの曲は Moon River.
杏理さんには新しいレパートリーらしいです。でも2コーラス目の
アレンジなど杏理さんらしく、いいデキでした。
ライブでは珍しい I Thought about You.
そもそもお会いするのが久しぶりですが、出し物変わっているのは
ほんと嬉しいです。

1615.jpg

休憩の時間にもちょこっとお聞きしたのですが、新たな発声方法に取り組んで
おられると。
それが出てきました。今出さんの譜面は横4枚並び。
Think of Me - オペラ座の怪人 -
この歌聴いて、なるほど発声の違い明らかでした。
見事なチャレンジで、高いお声は益々伸びてる感じで、
拍手で終わらせてしまいましたが、これは ブラボー でしたね。

誠に私的なことながら、この数週間にいきなり嵌ってしまったのが
オペラのアリア。なかでも超有名なあの方。
そんな偶然が ちょこっと重なるのでありました。

スイング感戻るのは Straighten Up And Fly Right .
ラストは十八番のひとつ、You've Got A Friend.

アンコールは Through the Fire - C. Khan -
聴いてるだけで なんかゴージャスな気分になれるいい歌でした。

1617.jpg

私にとっては、vocal live の原点みたいなお二人。
久しぶりと言わないで済むようにマメに通いたいものです。

nice!(0)  コメント(0) 

2017/11/05 Silver Moon

夏にお会いした時、「結成15年なんです」とお聞きして、
記念のライブあるのかな~ っと思っていたら、ありました。

お店、Silver Moon は3年ぶり。
室内暗めで、お客さんいっぱいで、写真は難しかったですが、
撮れるだけ撮りました。

『むじか・とれぇす結成15周年記念ライブ』

1580.jpg1591.jpg
1590.jpg
武藤ケンイチさん, 田口菜穂美さん, 伏見のジョンさん.

プログラムは近頃の出し物と、随分昔から... を取り混ぜて。
オープニングは菜穂美さんメインで Take Me Home, Country Roads.
はじめっからいいお声とコーラスで むじか の音、思い出しました。
2曲目は伏見のジョンさんがメインの In My Life.
3番手はムトケンさん、It's only a Paper Moon.
歌順戻って、菜穂美さん Time after Time.

1584.jpg

記念ライブだから、少しでも多く! と用意されたプログラム。
三線が出てきました。(写真は上から3番目)
伏見のジョンさん 波照間の思い出の曲は「童神(わらびがみ)」。
楽器見るのと、その唄聴くの初めてでしたが、
さがせばいい音あるんですね~
続いて Never Ending Story, 菜穂美さんの気持ちいいお声が響きます。

1593.jpg

ゲスト登場。Silver Moon のマスター on drums.
歌はコーラスで Days of Wine and Roses.
洒落た酒場そのものでした。
1st の締めは思いっきり明るくアニメソング, となりのトトロ。

1595.jpg

出し物多いので、休憩短めで 2nd set, すぐ始まりました。
「野に咲く花のように」。
何処かで聴いた記憶はありましたが、調べると結構昔なんですね。
「真赤なスカーフ」。これ初めて聴いたのは夏の むじか で、
この歌の時代、私はナニしていたのだろ? そんな気分です。
もっと古い歌 No Where Man, Moon River.
こういうので乗れる私も歳くったもんですが、
お客さん、ご年配の方 多かったですね~

1597.jpg

二人目のゲストは、むじか 大阪版でメンバーのお一人と紹介された大谷さん。
歌は「守ってあげたい」でした。
新たな曲と紹介されたのは Crying Time - Buck Owens -.
良き時代のカントリーでした。
これは珍しいと思ったのは「昨日・今日・明日」。選んだの誰でしょう?
いよいよ終盤、夏にも聴いたバラッド Tears In Heaven が出てきました。
ラストは When You're Smiling で今回も明るくお開きでした。

1599.jpg

アンコールは Imagine. (と、だいたい決まってるそうです。)

ほんとたっぷり聴かせてもらったと、数えてみると、全18曲。
一人が選んだ曲を三人で作り上げるこのスタイルで15年。
月いちくらいで何処かでやってる... ということで凄いもんです。

1604.jpg
1605.jpg

また何処かでお会いできることでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 

2017/10/31 pick up

秋晴れの一日。そして Halloween の日でもある。
街並み見てみようと、四条河原町から店まで、のんびり歩きました。
月末だから、人通り いつもより多めなんですが、ハロウィン仮装の人たちは
ほんと稀。テレビ等の報道はよその街で、京都は違うんだ~
と思っているうちに店に着いたのですが、いっぱいのお客さん。
その奥にライブのプレイヤーなんですが、その姿がお見事!

1565.jpg

左から、奥谷 崇さん, 杉浦 潤さん, 小竹晃弘さん, 高坂朝子さん.
Spain で始まりました。特に、左の2名、動きにくそう... なスタイルですが、
難なくプレイしておられました。

歌姫 長田悠希さんはこんなお姿。
1567.jpg

My Favorite Things で、歌は始まりました。

いで立ち見てたら、聴くほう疎かになるし、時々目閉じながら聴いてました。
派手なメイクは早めに撮るのがよかろうと、撮るのも早めで忙しかったです。

ハロウィンで歌えるものは見当たらないそうで、
まぁ普段通りの Love for sale, Fly Me to the Moon と続きました。
お客さん大勢だからと、掛け声 "opa" の練習から始まったのは Mais Que Nada.
1st の締めは It Don't Mean a Thing でした。

1568.jpg

2nd set はお客さん さらに増えて満席。客に仮装は見当たりませんが、
単純にパーティーの夜みたいですね。ビールの在庫が... くらいの大入り。
演奏は instrumental, Autumn Leaves で再開です。
歌は On the Sunny Side of the Street で、いつものいい調子です。
フルートと絡んで始まったのは Agua De Beber だったか。
ちょっと珍しいのは Let It Be.

1569.jpg1574.jpg

そして終盤。このバンドの代表曲らしいですが L.O.V.E.
小竹さんのスキャットがたっぷり盛り込まれるのでありました。
ラストはハロウィンもおしまいとのことで、いい日旅立ち。
なんてことで、盛りだくさんでありました。

そして、記念写真いっぱい撮るみなさんですが、
私も3枚撮らせて頂きました。
ちなみに、訊くまでなんやろ... と思っていた奥谷さん、固ゆで玉子だったんですね。

1577.jpg
1578.jpg
1579.jpg

前、お邪魔した時は浴衣祭りで、今回がコレ。
またナニ出てくるのか注目ですね~

nice!(0)  コメント(0) 

2017/10/29 Bonds Rosary

列島南岸を台風22号が通過して、先週に続いての大荒れ。
しかし、いざ出かける時、雨止んでました。
市バスは混んでなかったし、四条通も日曜夕方にしては空いている。
そして、店の前。

1548.jpg

いつも、いくつかの店から賑やかな音が漏れるんですが、
ボンズの他は台風で休んでたみたいです。おかげで落ち着いた夜になりました。

ライブはちょっと久しぶりのメンバー。

1535.jpg
1533.jpg
1536.jpg1553.jpg

遠藤真理子さん, 高井ひろみさん, 中島かつきさん, 冨永ちひろさん.
リズムセクションは久しぶりとは言えませんね~

Cold Racktime で始まりました。お酒の名前 らしいです。
なんにしても、いきなり未知のメロディに期待感膨らむし、
久しぶりのマリリンさんのサックスがなんとも気持ちいい。

1534.jpg

「赤い花白い花」- スイング・アレンジ -
客席は私世代が多く、この曲知っている方 大勢でした。
サックスは人の声によく例えられますが、ひっそり歌う いい感じの仕上がりでした。

久々に聴くのは ひろみさん選曲 Nacsente.
他3名は初めて譜面見たとのことですが、これがまた実に美しい。

1544.jpg

Vocal Live なら出てきそうな曲 What cha' gonna do for me - Chaka Khan -
ほんとマリリンさんならではの世界。メロディ大事にしながら他のメンバーに
繋げる いいパフォーマンスです。

絵ありませんが、この日のバックのDVDは Earth, Wind & Fire and Chicago.
これもいい時代... もしかして現在も... なんて思いながら眺めていました。
マリリンさん、時にはやるそうです。

1554.jpg

後半は Strasbourg-St.Denis から。短い曲だから一回聴いたら忘れませんが、
8小節らしいです。概ねミディアムテンポで、自由なアドリブが展開されました。

そして、自由自在の選曲は Private Eyes - Hall & Oates -
ポップス、なかでも歌ものがお好みのようで、
これも微かな記憶ですが、懐かしく聴きました。

1557.jpg

マリリンさんの歌が聴きたい~の声もありましたが、正しく歌うように
サックス奏でるのは Georgia on my mind.
久しぶりに 泣きのサックス 聴けた感じです。

1549.jpg

ラストは Wayne's Time (?)
主役が確かなリードして、脇がしっかり応える。ラストに相応しかったです。

アンコールは "Spain" の掛け声一発で決まりました。
譜面台も不要になって、はじめ緊張感、中盤からノビノビの音。
音、見栄えとも最高でした。

1559.jpg

記念写真でおしまい。

1562.jpg

Bonds Rosary では、私は初めてでしたが、この選曲、この音のリレーは
間違いなく私の好み。
次回はオリジナルも加わるそうで、しっかりチェックしておきましょう。



nice!(0)  コメント(0) 

2017/10/27 YAPPO

台風がらみの雨続きの後の晴れ続き。
昨日はその晴れの最終で、秋中頃にしては暖かでした。
お店はビルの7階。
エレベータに同乗した紳士二人組と、そのままお店に入るというひとつの偶然。
空いてましたが、私を含めた三人が同席で、まぁ賑やかな時を過ごしました。

ライブは久しぶりの "Jungle Trio".

1522.jpg

幾度かゲスト入りでやっておられましたが、今回は3人切り。
ということで、シンプルなビ・バップ サウンドになりました。

幕開けは All the Things You Are.
最もよく聴く曲ながら、忘れかけていた芦津さんのタッチ 思い出しました。

1531.jpg

秋ものは Autumn in New York.
落ち着いたいい音です。
ここから後はMCなしで次々進んでいきます。
もちろん聞き覚えある曲ばかりですが、ピアノ・トリオって不思議なほど
タイトル浮かびません。
1st の締めはモンクが出てきて、Pannonica でした。

1526.jpg

休憩時には、ここではよく飛び出す話題 「フランスもの」 あれこれです。

2nd set は 1st からの流れで、選曲は芦津さんの気分次第。
ビシッ! っとくるもの、柔らかなものほんと色々です。

1525.jpg

バラッドは Every Time We Say Goodbye.
これが好きと仰るが、悲喜こもごもな いい音してました。

ここで22時を過ぎて、まだ続きがあるのを惜しみつつ、帰路につきました。
ほぼ月いちなので、またの機会に。

flyer.jpg

nice!(0)  コメント(0)