So-net無料ブログ作成

2017/06/26 YAPPO

振っても小雨で、次の日は薄日。いかにも梅雨の前半という毎日。
こんな時、前々から注目していた4人組の出番をみつけて、行ってきました。

店に入った途端に、えらい歓迎受けましたが、
既に客席におられた方も、後から来られたお客さんも、な~んか '濃さ' 感じて
しまう方ばかりで、会員制みたいなふしぎな感覚です。

1280.jpg
昨年暮れのプチライブ以来の 長田悠希さん。
1254.jpg
ほぼ月いちの 鈴木直美さん。
1256.jpg1261.jpg
彼らがいれば間違いなしの 衛藤修治さんと 塩入基弘さん。

ライブはヴェテラン・トリオの instrumental, Stella by Starlight で始まりました。
これが何十マルでもつけたくなるような素晴らしいデキで、vocal に受け継がれる。
Vocal live って、こういう経験 ほんと多いです。
客の耳が肥えたところで、ひとり加わるのって大変そうな気がするんですが...

悠希さん、登場。歌は Wave. はじめだから、抑え気味に...
なんとなく彼女の気持ちを読み取っていました。
But Not for Me, この辺りから、予想していた彼女らしい '迫力' 出てきました。
My Ship, 最も好きな歌曲のひとつですが、
抑えるところ抑えてサビ高らかに... なかなかの感動ものでした。
あと、Love for Sale, Time after Time, Taking a Chance on Love と
お馴染みのスタンダードが続くのですが、私好みの 'ハリ' のあるお声で、
彼女が歌うと、ふつうの曲じゃない '濃い' もの感じました。

2nd set の instrumental は某お客さんのリクエストか(?), Caravan.
イントロからアレンジ効いた、これもいい演奏でした。

1275.jpg

歌は軽いものふたつ。One Note Samba, Day by Day.
可愛く歌うのも、なかなか良し。
大人の歌は Feel Like Makin' Love, いい雰囲気出てた と思います。

1262.jpg

おしまいは季節もの、Summertime と Over the Rainbow.
結局すべてお馴染みスタンダードでしたが、結構な味わいありました。

アンコールはちょっと珍しい L.O.V.E. でした。

Vocal Live はあまたですが、ヴェテラン・トリオがバックという贅沢さ。
そこで伸び伸び 歌い、表現できる頼もしい若手vocalist.
いいもの聴いたと実感できる夜でした。

1283.jpg


2017/06/24 Les Muses K'afe

梅雨の合間の午後、曇り始めで少々暑かったですが、商店街は賑やかで、
レミューズカフェも賑わいました。
初めての『むじか・とれぇす』。
着いた時、リハーサルで、コーラスの最終確認でした。
出し物は未知な、コーラスがメインのグループです。

0572.jpg
左から 山口彰一郎(伏見のジョン)さん, 田口菜穂美さん, 武藤ケンイチさん.

flyer.jpg

オープニングはカントリー? ゴスペル?
This little light of mine で景気よく始まりました。
始めから三人とも、お声の調子いい感じです。

0575.jpg

菜穂美さんリードで Never Ending Story.
そして、伏見のジョンさんがリードするのは In My Life.
武藤さんは It's only a Paper Moon, スタンダードも出てきました。

Time after Time, C. Lauper でお馴染みのポップスは もちろん菜穂美さん。
昔懐かしいフォークソングは「この汽車は」。
武藤さんの弾き語りですが、汽笛に模したハーモニカが 何とも決まってました。

0582.jpg

アルディラ, 懐かしいカンツォーネは伏見のジョンさん。
この日の客層は、私と同世代から上で、通じる感覚多かったことでしょう。
1st の締めは「翼をください」。菜穂美さんが歌のお姉さんに見えてきました。

ここまで聴いて、ジャンルは様々ながら、ギター1本あれば つい歌ってみたくなる...
コーラスできる三人組なら、こんな歌チャレンジできる...
そんなのがレパートリーなんですね。

0583.jpg

後半は、軽快に Country Roads で再開。
バラッドは Tears In Heaven - E. Clapton -, 伏見のジョンさん弾き語り。
これは聴かせどころありまして、私も練習してみたくなりました。

0587.jpg

真赤なスカーフ -宇宙戦艦ヤマト-, これが上の写真です。
No Where Man, これ聴いて、ニックネームの所以がわかってきました。
いかにもジョンさんの favorite って感じでした。
もちろん Beatles ものですから、三人のコーラスがもの言うわけです。
武藤さんがヴァイオリンに持ち替えて、Moon River.
歌のリードは菜穂美さんですが、これも三人のコーラス。
原曲活かしながら、コーラスのアレンジも聴きものでした。

0589.jpg

終盤はスタンダードの流れで、Days of Wine and Roses.
これまた美しいコーラス・アレンジでした。

0589a.jpg

ラストは菜穂美さんリードで When You're Smiling.
終演に相応しく優しさ満ちた音でした。

アンコールは Imagine. しみじみ聴かせて頂きました。

0593.jpg

初『むじか』でしたが、いろいろ聞かせてもらいました。結成は2002年だから
なんと15周年。そらもういろいろあったらしい... ですが、長年続けられるって
素晴らしいですね。
縁あって、私もお会いすることできて幸いです。





2017/06/18 京信本店

ビオラ奏者の友人から届いたお知らせ。
今度は管弦楽のオーケストラで、なんと ピアノ付き。
その場所に行ったことはあるのですが、ロビーに立ち寄るのは初めて。
なんてことで、随分早めに着いて、2階の一番いい席を得ました。

0544.jpgflyer1.jpg

広いスペースに座席いっぱい。これが開演までに満席になり、
2階は立ち見のお客さんもいる大盛況。

0545.jpg

30余名の「京信わかばオーケストラ」のメンバーが登場され、
はじめにご挨拶。

そしてコンサートは始まりました。
トランペットのファンファーレに導かれる「アイーダ」より 凱旋行進曲。
たまたま隣の客人がそのトランペッターのご家族で、
ちょっと緊張感もらいながらも... 結果は幕開けに相応しい冴えた音でした。
もちろん、これに続く皆さんの合奏がバシッと決まって、後への期待膨らみます。

0550.jpg

指揮者を中心に半円が描かれ、内側色とりどりで、外側白黒。
眺めも最高です。
ワルツは「眠れる森の美女」。管弦楽の花ですね~

ピアノがセンターフロントに移動しました。
指揮者が音試しした後、もうひとつの音試しは連弾。
チェログループとトロンボーングループから各一名で、
気の効いた余興でもありました。

0552.jpg

そして、主役のピアニスト登場。
ピアノに歩み寄る姿だけで凄いオーラ感じてしまいました。

0558.jpg

曲は、ショパン: ピアノ協奏曲第1番の第1楽章。
あの緊張感に満ちた音が目の前で演じられる...
もちろん、楽団のみなさん、高い目標持って臨まれたことでしょう。

迫力ありながら、華麗な旋律が流れます。
静まったと思った瞬間に、はじめから高難度のピアノ独奏。
観客すべてが目も耳も奪われる... そんな瞬間に立ち会えたこと幸いです。

0560.jpg

続いて、ラプソディー・イン・ブルー.
冒頭のクラリネット、これがしっかり決まり、後の流れも実にスムーズで、
いわゆるジャズ融合のひとつひとつが聴かせどころになってました。

0563.jpg

ここでのピアノはショパンとは全然別で、粋なタッチ。これもまた良かったです。

あっという間にプログラムは終了になってしまいました。
で、もちろん アンコール。

タイトル紹介なしで、ピアノ・ソロ。
クラシックのあらゆる小品のなかで、最も好きな曲「愛の挨拶」でした。
その偶然だけでも嬉しいのですが、
一音一音が なんと美しかったこと!!

0568.jpg

そして、もう1曲, エルガー: これしかないっ の「威風堂々」。
ほんと気持ちのいい音で締めくくりでした。

0569.jpg

大勢のお客さんで、余韻に浸っていたい方も多く、
私も結構な時間佇んだ後、やっと帰路に着きました。

第10回にして、初めて聴いたわけですが、
目指すは、「手作りであたたかみのある音楽」とあります。
なるほど~とも言えるんですが、
実態はそれより高い目標を持っていそうな 素晴らしいオーケストラでした。
益々のご発展を期待しましょう。

2017/06/04 Les Muses K'afe

6月に入りましたが、青空と爽やかな風で、快適な日が続いてます。
こんな昼間にいいライブってことで、のんびり出かけました。

2月以来のこのメンバー。お名前はフライヤのとおりです。

0530.jpg
0518.jpg
0519.jpg0536.jpg
ピアノ 河野さんはお初でした。

flyer.jpg

はじめはトリオ。父の日が近いので、Song for My Father.
0515.jpg
Violin をフロントにしたこのトリオが実にいい。

そこに歌姫 tomoさんが加わって、Almost Like Being in Love.
ドレスが夏物に変わって、見た目も軽やか。

0523.jpg

「今日は何の日?」から、季節感たっぷりの選曲になりまして、まずは Wave.
話題の映画がチラホラあるらしいですが、tomoさんお気に入りは Charade.
Love Song は、Taking a Chance on Love.
ここで気づきましたが、客層いつもよりやや若く、私 真ん中ぐらい。
Moonlight Serenade, これ季節の歌だったんです。
歌詞に June night とか roses が出てくるんですね~
雰囲気変えて、Hush-A-Bye が 1st の締めでした。

0539.jpg

2nd の instrumental は Here's That Rainy Day.
各々のソロも聴き応えたっぷりでした。
テンポ上げて歌は It Don't Mean a Thing.
イメージは夏の終わりのほうらしい... ですが、Summertime.
tomo さんのメゾソプラノ聴いて、思い出したのは D. Washington でした。

0537.jpg

明るく I Hear Music が出てきた後、
フライヤにも書いてあるので 楽しみのひとつなんですが、
シャンソンは「パリの空の下」でした。弦楽器バックにメゾソプラノですから、
そりやもう、たっぷりその世界です。

この後、No more blues, Smile と場所はゆっくり戻りました。
アンコールは 'S Wonderful. 店じゅうワンダフルで終わりました。

記念写真でおしまいです。

0541.jpg


2017/05/29 Johnny Angel

晴れ続いて、とうとう暑くなってきました。
少しバテ始めではありますが、ミナコさん 初ジョニエン ということで
行ってきました。

1231.jpg
ボスはもちろん Tommyさん。

1236.jpg1228.jpg
ピアノは おーたかずおさん、そして vocal ヨシノミナコさん。

4月の茨木グリルと同じトリオになりました。

スタンダードで始まりました。
I Thought about You, 初めてのステージですが、いつもどおり好調です。
I'm old smile, これ私は初耳かも。
客席が馴染みばかりで、話題乏しくMC殆どなくスイスイと...
One Note Samba, イントロのピアノ、おっ! また新たなアレンジ, と感心しながらも
のんびり聴きました。

1230.jpg
3名とも位置はフロントなので、いつもの暗さ感じずにすみました。

前回はなかったオリジナル。この後出てきました。
まず、For Your Love (?) ... あなたの愛への借金.
もう記憶から消えていた懐かしい曲です。
滅っ茶 濃厚なブルースに仕上がってました。
そして、Tommyさんがバックなら絶対コレ の Good Pawn.
バックじゃなく、どんどん前行く音で、ほんとピッタリでした。

スタンダードに戻って I'm Old Fashioned.
ここまでが 1st set ですが、な~んか短く感じました。

1253.jpg

2nd もスタンダード, Old Devil Moon から。
私の中で圧巻は Stormy Weather. 今回も抜群のデキでした。
もうひとつは You and the Night and the Music.

1251.jpg

そしてオリジナル, Risky War.
初めてプレイするには意外性多い曲と思うのですが、
Tommyさん、おーたさんの対応力 凄いです。
出てきました! Unwanted.
これ、間奏の技次第みたいなところありますが、さすがなものでした。

ラストは A Time for Love, アンコールは There Is No Greater Love.
歌も演奏も最後の一音まで丁寧で、ひたすら聴き入りました。

1233.jpg

ちょっと忙しい5月でしたが、結構出かけて、いいものいっぱい聴きました。
行き帰りとも市バスは外国の観光客でいっぱい。祇園辺りは途絶える季節って
ないんですね~
ますます暑くなるけれど、へばるよりは 出かけよう と思います。

2017/05/28 Chez Quasimodo

5月もそろそろ末ですが、青空広がって、気温低めでなんとも快適。
そんな宵 まだ明るい中 出かけました。
地下鉄御池から歩くんですが、今回は間違って一本西の通りを彷徨ったりしながら、
まぁ無難に着きました。

ライブは昨年秋以来のトリオ:

1216.jpg
1218.jpg1220.jpg

池田清美さん, 笹井真紀子さん, 中嶋明彦さん.

Cheek to Cheek で始まりました。今回も清美さん favorites です。
まったく普段どおりに快調で、ピアノ、ベースのサポートも完璧。

ボレロは Como Fué (一目惚れ).
歌を聴いているような感覚になってきます。

Always, 近頃 New York Trio (ピアノトリオ) がお好みだそうで、
これ含めていろいろ出てきました。
もちろん私のことですから、いろいろ調べるのですが、
これまでの有名トリオと一味違うものありますね~

1224.jpg
お値段安いほう... らしいですが、alt flute.

お店のマスターのリクエストで Left Alone.
時の経過から、いわゆる佳境の時間ですが、
実に重々しい音が三人繋がりました。

Afro Blue, これも元々重いと言うか 濃い曲。
譜面に細かなところまで書かれているのでしょうか?
ベース, ピアノの難しそうな出どころがピタッと決まってました。

1221.jpg
全体薄暗く、ピアノの辺り一層暗いのですが、これもいい雰囲気です。

ホールの形が水族館のようでもあり、Dolphin Dance.
な~るほど。

店の名 'Chez Quasimodo' に因んだ名曲, Someday from 'ノートルダムの鐘'
初めて耳にしましたが、いいものあるんですね~

バラッドは Everytime We Say Goodbye.
管楽器には、巧みな強弱、息継ぎによる '間' などありまして、
これが個性として味なものですが、
これ 上手に受け継ぐピアノ, さらに両者を受け入れて引き継ぐベース。
どの曲においても、この流れ 美しいものでした。

1223.jpg

唯一、出処聞き逃しましたが Amazon River.
ラテンのリズムで、秀逸なソロ 繋がりました。ドラマチックでしたね~

この下の写真で真紀子さんが手にしている手巻きのオルゴール。
立派な bar なので、これ響かせ始まったのは、When You Wish upon a Star.
ピアノが受け継いで、その後トリオ。
夢物語でした。

アンコールは Isn't This a Lovely Day.
実に明るく愛らしく終わりました。

おしまいは記念写真。
1226.jpg

また何処かでお会いできることでしょう。


2017/05/22 Johnny Angel

昼間30℃越えと情報流れてますが、建物の中はまだそこまで上がらず、快適な日々。
夕方、外は涼しい風で気持ちよく、やっぱり出かけやすくて... 今月5回目のライブです。

"Jelly Beans Factory":
1178.jpg1207.jpg
1180.jpg1208.jpg
1202.jpg
Tommyさん, 上村美智子さん, 中島かつきさん, 冨永ちひろさん, 松井優樹さん.

ニューアルバムのリリースが近々で、その宣伝兼ねたライブかも... と思いきや、
そうでもなく、このバンドで成しえる音 もっと見つけていこう... の、
普段どおりのJBFを聴かせて頂きました。

オープニングは定番, Suspender.
短めに終わったのかな~と思ったら、高速ビートの new arrange に繋がりました。
達者なリズム隊ですから、これがまた活きますね~
Latin Lover, ラテン? ボサノヴァ? ここで flute 加わって、豊かな音 広がりました。

1211.jpg

フルートをフィーチャした 雪見酒, アルバムにも入ったそうですが、
美智子さん, かつきさんのコーラスで始まりました。
主旋律はフルート伸び伸びのワルツで、完成度上がってきました。

1st 締めは賑やかに Tell Me - 少女時代 -
このタイトルで Stones 思い浮かべるのは私と隣にいたお客さんぐらいか...

1188.jpg1195.jpg

2nd, これまた定番の うしろ髪。出囃子にひと工夫ありました。
そして Milky Way Blues.
私はこの2曲の間に殆どの写真撮ってます。回重ねると、真っ暗なバックにも
少しは慣れてきました。

1197.jpg

元々ラテンバンドに参加されてる Tommyさんですが、
JBFでは初めてのボレロが出てきました。Sabor A Mi.
Trombone の甘く優しい音は、ボレロにもぴったりでした。

ラストは Barefoot Neighborhood (?)
迫力の音で締めでした。
リーダーライブも始めてらっしゃる優樹さん。
演奏中は下の写真とは別物で、結構な風格ありますね~

1205.jpg

記念写真でおしまいです。

1212.jpg
1213.jpg

次回はニューアルバムできた頃に。

2017/05/17 Candy

予報どおりに気温の上がらない曇りの日。春の観光シーズンもひと休みで、
地下鉄もそんなに混んでない。
しかし、Candy は相変わらずの盛況でした。

前回はトリオ+1, 今回はカルテットとして登場されました。

1174.jpg1155.jpg
1173.jpg1159.jpg
ヨシノミナコさん, 多久雅三さん, 荒玉哲郎さん, 斉藤 良さん.

アップテンポの2曲で始まりました。
Thousand Songs と words, words, words!!
Drums のリズムに乗って、piano, bass も軽やかで、歌も快調に。
スローは When you're wind.
そして昔の感覚らしいですが、Walker と続きます。

0481.jpg

ブルースは Now You Don't で、bass と duo. 迫力の熱唱は No stars in the sky.
ここまで聴いて、いつかできるであろう... new album の前半を
聴いた気分になりました。
1st の締めは Good Pawn. もちろん drums solo たっぷり。

1152.jpg

客席は前も横も混んでましたが、真正面はしっかり見えるいつもの席から。
レギュラー客、多少の異動はあるんですが、しかし、また増えてます。

2nd は piano と duo で Drooling Stars から。
近頃書いてないそうですが、虫の唄は Beetle.
Unwanted, トリオで生まれた歌だったか(?), バックも毎回小さな工夫があって、
いいアクセントです。
わりと新しめの歌 Plan of the river, Good-bye merry-go-round と続いて、
今回の新曲は Turquoise. これがボサノバ調で、ちょっと珍しい感じ。

1169.jpg
隙間からいいシーン眺められるのは、ほんの一瞬。

もうひとつ最近の歌 Question が流れ、
ラストは賑やかに Fountain Suite.
バックの聴かせどころもラストに相応しいデキでした。

アンコールは Night Rider, 素晴らしいと思うと同時に、
花見小路のテーマソングもあったらな~ と期待してました。

1177.jpg

「次回は8月」と、皆さんの見送り受けて、帰路につきました。
音に厚みを増したカルテット。これからも期待大きいです。

2017/05/14 LIMOUR

晴れて初夏の暑さ感じる午後、出町柳から叡電沿いの道歩いて東大路へ。
初めて行くお店「リモール」は住宅地に佇む町家。

0471.jpgprogram.jpg

そこで、「弦楽四重奏やります!」とお誘い頂き、行ってきました。
以前から聴きたいと思ってましたが、実に何十年ぶりです。

メンバーは4名ともニューイヤーコンサートに出演されていた方たち。

0473.jpg

間近で聴けるわけですから、そりゃもう、店じゅう特等席で、
早めに入った私なんか、もうひとつ「特」がつくほど...

「春の海」で始まりました。
笛の音に変わり、1st violin, 琴の音に変わり、cello をピチカートで。
洋楽じゃないので、間とかテンポとかほんと微妙なんですが、
お正月に流れるあの優雅な音は 洋楽器でも、やっぱり優雅でした。
2nd violin, viola が加わると、ひときわ華やかでした。

1142.jpg1143.jpg

弾くも楽しい、聴かせるのも楽しい... が店じゅうに伝わります。

ニューイヤーと同様、曲紹介が丁寧かつ分かり易く、
Mozart No.3 は16歳での作品なんだとか。
まぁ、これが唯一の洋楽クラッシックだったのですが、
こういうの聴きながら、私は初めて生で弦楽四重奏を聴いた時のことなど
思い出していました。

0478.jpg

大勢の合奏では、楽器の聴き分けって難しいところありますが、
4人だったら分かりますね~
Viola って思っていたより低い音だったんだ~とか いろいろ発見ありました。

0480.jpg

Tropical Lounge は佐渡さんのオリジナル。
ジャンル問わない彼のメロディは軽快この上なく、
あっという間に終わってしまいました。

1150.jpg

後半はお茶会。
音楽繋がりのお客さんなので フツーに話は弾みますが、
お茶入ると、それこそ のんびり まったりの いい時間が流れました。

1148.jpg

お一人で全員のお茶点てて、最後まで忙しかった大野さん。
有り難く頂きました。

店出ると、再び 燦々と初夏の日差し。
いい午後過ごしたなぁの満ちた気分で帰路につきました。

ちなみに、今回の4人のメンバー, 所属は "京奏倶楽部 Singspiel ".
ウェブページはこちら ↓
https://www.kyoto-singspiel.com/
楽器演奏はさまざまな活動の一部のようで、今回のお茶会もそのひとつでした。


2017/05/07 Les Muses K'afe

お昼のライブにすっかり馴染んで、この日も大手筋をぶらぶら。
JR桃山駅から歩き始めたら、いちばん目立っているのは御香宮。

0408.jpg

これで帰りの寄り道、決まりました。

商店街を西へ進んで、納屋町を南に下がったら、お店です。
で、お店の外観撮ってたら、ガラス越しに乃里子さんのお姿。
そんなわけで、外でご挨拶しました。

0410.jpg0411.jpg

ライブは14時からですが、結構早めに一曲 All of me.
リハと言うか、音合わせ。得した気分です。

そして、定刻の14時:
0426.jpg
0414.jpg
秦乃里子さん と 鈴木直美さん。2月の初午以来です。

オープニングは piano solo, Alice in Wonderland.
明るいタッチは '初夏' 感じさせてくれます。
歌は Love Is Here to Stay で始まりました。
いつもながら、柔らかく伸びるお声に うっとり... です。

0420.jpg

ここから選曲は多彩になっていきます。
No More Blues (Chega De Saudade), 英語タイトルは私には珍しい。
D. Krall に感化された話から Let's Fall in Love.
いずれにしても懐かしい歌ですから、年長の観客には嬉しい選曲。
ちなみに、今回も観客の中で私がいちばん若輩者でした。気楽でいいです。

0449.jpg

バラッドは My Funny Valentine. これ、選曲たぶん 直美さん。
ピアノがなんともドラマチックで、観客静まるいっときでした。
喫茶店だから... で、Black Coffee, 昼に聴くのも趣きありますね~

15時すぎの 2nd set, piano solo は、まさに昼っぽく「赤いスイトピー」。

0435.jpg

Duo は、Don't Get Around Much Any More. お二人のベスト・チョイスでしょう。
ラテン, と言っても English で、Perhaps perhaps perhaps (Quizas, quizas, quizas).
粋なもんです。
Dixieland Band の紹介があり、こんなの歌うと... When You're Smiling.
Big band, swing jazz, 歌姫 等々が選択肢の私ですが、Dixieland もいけるかも...

0446.jpg0451.jpg

似たものメドレー Danny Boy ~ You Raise Me Up,
さらに原曲は Londonderry Air とタイトルがあり、いいもの引き継がれますね。
アカペラで始まる乃里子さんの歌、素敵でした。
ラストはジャズっぽく Bye Bye Blackbird.
アンコールは You'd Be So Nice to Come Home to.
いい締めでした。

昼下がりに coffee & cake, そしていい歌、いい演奏。
外は初夏の暑さありましたが、いい午後でした。

0456.jpg

--------

そして、大手筋に戻って、はじめに朱の大鳥居。
ここから御香宮に入っていきました。
前回の伏見散策と同様、ここも秀吉ゆかりの桃山文化。

0457.jpg0459.jpg
0460.jpg0468.jpg
0469.jpg0466.jpg

参拝客まばらで、随分ひっそりしてました。
新緑、その緑の勢いと香り... いい季節です。
そんなに広くもなく、見て回るのに20分くらいの短めの散策でした。