So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

2018/06/10 Event Space Kyoto

梅雨に入って3日目になるか... 小雨降るけれど傘要らず。
昼下がり、そんな出かけやすい所に、お誘い頂いて行ってまいりました。

アンサンブル サウンドドレスの企画と演奏は毎回楽しみで、
今回の出し物は ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲第8番。

flyer.jpgflyer2.jpg

ショスタコーヴィチは私にとって難もののひとつ。
いつものように You Tube で下調べして、やっぱり暗いな~ の実感。

この大方の客の感覚を知った上で、メンバーの対応がいつも丁寧で、
難曲っぽくても聴いてみようという気持ちになります。

はじめに楽曲の背景など、長めの解説があり、その後 演奏は始まりました。

1030.jpg
1st & 2nd violin.

1033.jpg
Viola & cello.

レ ミ♭ ド シ で始まる第1楽章, 独特の響きですが音名象徴と聞けばなるほどです。
しかし、如何にも重くて暗い始まりです。

解説は楽章ごとで、第2楽章は戦場のドレスデン。
これが大迫力で4人の演奏とは思えないほどなんですが、恐怖と惨禍の世界でした。

1028.jpg

第3楽章は忍び寄るノック音。
映画で見る恐怖もの、実は怖いもの見せないのが極意と思うのですが、
この楽章はそんな趣きありました。

1034.jpg1035.jpg

楽曲は ~ファシズムと戦争の犠牲者に捧げる~ とされ、
それと重ね合わせて圧政に追い込まれる作者。そういう暗~いイメージで4, 5楽章は
成り立っていました。
楽譜には休止符が至る所にあるのでしょう。
弓の動き? それとも目で合図?
ピタ~っと合うものなんだと、感心して見入っておりました。

1036.jpg1031.jpg

通常コンサートでは 1~5楽章切れ目なしなんだそうですが、
分割盤はわかりやすくてよかったです。

アンコールはポルカと紹介されて、ピチカートで始まる小品でした。
... なのに明るい曲ではない。
後で伺うと、これもショスタコーヴィチで、やっぱり... う~んなるほど
という感覚で終わりました。

因みに、会場は結婚式のパーティー等で使われるなかなか豪華な部屋。
ほぼ黒統一の衣装がしっくり合ってるいい眺めでありました。



nice!(0)  コメント(0) 

2018/05/18 Candy

近頃 晴れると多忙ですが、昨夜は曇りのち雨の予報で、のんびりライブに出かけました。
Candyが改装したと噂で聞いてましたが、客席側の壁が青に変わり、
いっぱい並んでいた写真額がなくなって、ずいぶんすっきりしています。
ステージ側は照明装置がいろいろ変わっているようで、期待感たっぷり。

早めに着いたから、少々待ち時間ありましたが、ライブは定刻に始まりました。

2070.jpg2079.jpg

2088.jpg2069.jpg

杏理さんと、小野麻美さん, 有福 珍さん, 西野滉平さんのカメムシトリオ。

はじめはトリオ演奏で、Bouncing with Bud.
事前に麻美さん、何か不調と聞いてましたが、心配無用のはつらつプレイで
安心しました。

歌は Like a Lover から。いつものように好調です。
そして、I Didn't Know What Time It Was.
たぶん、前回とあまり変わらぬプログラムなんですが、
歌についていくトリオのプレイが... さて、何処が変わったのでしょう?
歌とともに、心に染み入る音を奏でていました。

1020.jpg

ステージ奥の天井に設置された照明装置。
他も変わったのかどうかわかりませんが、結構自然ないい色で、
撮影が楽になりました。

十八番が続きますが、I Say a Little Prayer, 終盤が新たなアレンジになってましたね。
Drums と duo で始まるのは Just One of Those Things.
スタンダードはなんか仕掛けあるんですね~
そしてお馴染み、Saving All My Love for You が聴けました。

2091.jpg

後半のトリオは D. Holland の初めて聴く曲で始まりました。
あるかな~と思っていたオリジナルではありませんでした。

歌は、Lovin' You, That's All, じっくり、しっとり客席を包み込む音です。
日本語は「眠れぬ夜は君のせい」でした。

1024.jpg

「サンバです」の、ちょっと久しぶりだったのは Batucada.
バックもなかなか熱くて、いい感じでした。
因みに、杏理さんと出会って結構な歳月ですが、はじめの頃よく聴いて、
このごろ聴いてないな~というのもありまして、例えば Nica's Dream.
また聴いてみたいものです。

ラストは The Nearness of You. いい歌ですね~

2097.jpg

アンコールありました。Straighten Up And Fly Right.
軽快な歌に花火型の照明もマッチして、楽しい終演でした。

カメムシトリオとの共演はまだまだ新鮮で、次回も楽しみです。

帰り道は予報どおりの雨でした。

nice!(0)  コメント(0) 

2018/05/04 いちなん

GWは恒例のアントニオ・ライブに行ってきました。
天気は雲多め、なれど晴れ。ちょっと涼しく感じたのが例年との違いです。

0986.jpg
アントニオさん と えりこさん。始まったら、もう凄い熱気です。

flyer.jpg0985.jpg
本編の前にご当地ヒーロー。こちらもすっかりお馴染み「我が心の一乗寺ぁ」でした。
因みに、後半の一曲は Kodachrome. S&Gがお好みのようで、日本語詞でさりげなく
歌われるんですが、達者なもんです。

0995.jpg1005.jpg

そして、アントニオさん。オリジナル「あなたのそばにいて」で始まりました。
サンバ6割と仰っていたが、はじめは Felicidade.
「スカイレストラン」と聞いて、すぐには思い出せないけれど、
ハイファイセットの名曲。まぁ私と同世代で、同じもの聴いて育ったんですね~

1004.jpg

そして、The Girl from Ipanema, Batucada, etc.
お馴染みのサウンドが続いて、高速、時に超高速。
ギターのストロークの速さ、えりこさんの指、手のひら、腕の素早さに
見とれてしまいます。
ちょっと変わったところで「糸」。いや~ 好みがほんと近い!

0994.jpg

それまでコーラスだった えりこさん、メインで歌うのは Bésame Mucho.
デュエット・ヴォーカルは Samba em préludio.
これはもう、佳境のひとときでした。
共演は はや15年とか。どんどんいい味が出てくるもんです。
1st の締めは賑やかに Copacabana でした。

-----

短い休憩の後、2nd set が始まりました。

いつも出てくる「ひこうき雲」と、お二人共通の好みだそうで、
伊東ゆかりの2曲「あなたしか見えない」と「ボサノバに泣いている」。

1007.jpg

ゲストが加わりました。いちなんオーナーさんです。

1008.jpg

楽器はケーナ。
竹笛かなっ? て見えたのですが、元々は葦笛なんだと教えてもらいました。
これがいい音で アンデスの音 響きました。
曲は「灰色の瞳」。歌のデュエット益々好調で、ケーナも歌ってる いい感じでした。
もう一曲、ケーナの味わいたっぷりな instrumental があって、
3曲目は「コーヒー・ルンバ」。
練習時間なかったとか仰っていたが、どれも素晴らしいデキでした。

1010.jpg

もうひとりのゲストはバンディロ持ってくるお馴染みさん。
曲は「枯葉のサンバ」でした。ブラジル音楽って、打楽器が活きますね~

そして、いよいよ終盤。
オリジナル「泣いてないわ」はちょつと久しぶりでしたが、歌声に痺れました。
フィナーレは Mais Que Nada から休みなしの サンバ高速メドレー。
ひたすらエネルギッシュでエモーショナル, ギュッと詰まってました。

アンコールは Che sarà.
今回もいい歌いっぱい聴かせてもらいました。

おしまいは記念写真。えりこさんのサングラス、本番で使いそびれたという話。

1011.jpg1012.jpg

ところで、アントニオさんの息子さんが sumika というバンドで大活躍されて
いるらしい。いつか目することあるかな~

nice!(1)  コメント(0) 

2018/04/03 Sahouril

夜中はいろいろ忙しいですが、宵は暇ってことで、また出かけました。
サウリルは1月以来で、前もこのトリオだったと思います。

0961.jpg

オープニングは春もの You Must Believe In Spring.
これが全然軽くなくて、はじめの一音からドラマチック.
直美さんは 「ルグランの作品がドラマチックで」 とか仰ってましたが、
アレンジとプレイそのものが ドラマチック なのでありました。

Joy Spring.
こちらは ロマンスの香りある作品だったんですね。
プレイは軽快な仕上がりでした。

0956.jpg

April in Paris.
アルコの中嶋さんが主役です。ほんと穏やかな春の景色が浮かびます。

It Might As Well Be Spring.
まるで春みたいに... なので、季節の曲ではなさそうです。
プレイは ホサノバ風、ラテン風 いろんなテイスト含んでました。

2059.jpg

後半は結構賑やかに始まりました。途中で Speak Low だった~と
思い出すほどの賑やかさ。

題名アナウンスなしに始まったのは邦楽。
「宴」は初めからわかるのですが、荒城の月? 黒田節? と頭の中で回り巡って
「さくらさくら」に至りました。
塩入さんのドラムスが 確かな効果音で、景色 広がりました。

0955.jpg

リクエストで... と、La Puerta.
以前に、好きなラテンの一曲とお話して、覚えていてくださいました。
標題が「扉」なので、なにか覚悟のような深い意味あるのでしょうが、
久しぶりに聴いて、そんなシーンが目に浮かびました。

ラストは、トリオのテーマ曲とチャレンジされている The Best Thing For You.
アップテンポの中にぎっしりいっぱい詰まってる... てな感じで、
三人とも聴かせどころいっぱいの 楽しい終演でした。

おしまいに 記念写真とフライヤ です。

0964.jpg
flyer.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

2018/04/01 Les Muses K'afe

例年より早く訪れた桜の季節。冬寒くて、3月暖かだとそうなるんだとか...
京都市内はちょうど満開。そして日曜日だから だいたい「桜まつり」の日。
あちこち賑わったことでしょうが、出かけた先は伏見。
昨年、新緑の季節に訪れて、いつか桜も見に行きたいものだ... との想いで
決まりました。

しかし、桜より前に決めたのはレ・ミューズのライブってこで、こちらから。

0938.jpg

お花見で1時間くらい歩いた後、お店のケーキ&コーヒーで一息入れて、
お次は、まこと爽やかな音が繰り広げられる。
ほんと贅沢な午後です。

朝子さんの衣装が見てきたばかりのさくら色で絵になってます。

0953.jpg0941.jpg

Days of Wine and Rose で始まりました。
出し物は、スタンダード&ボサノバ。
曲のテーマが「春」というのではありませんが、いずれも春の感じ... と聴き入りました。
ボサノバは Meditation. フルートの音に、通り過ぎる「風」を感じること多いですが、
心地よい春のそよ風に吹かれている感じでした。

0949.jpgflyer.jpg

メモ持ってなかったので、覚えている曲はほんの僅か。
スペイン語タイトルの静かな曲。どこかで聞き覚えありそうな... で終わって
しまいましたが、いい曲でしたね~
リズムあるので、三人三様に聴きどころあったのは Beautiful Love.
ラストは Bohemia after Dark.
お店は道から見え見えで、後からお客さん増えてくる...
という見慣れた光景でありました。

帰り道、商店街には「桜まつり」の張り紙があったり、
花見で飲んできました~の団体さんがいたり... 等々、
のどかな日曜日の午後でありました。

------

順序逆ですが、昼過ぎの散策。

0926.jpg

宇治川派流の十石舟辺りから 北へ 西へ のんびり歩きました。

0928.jpg

放流とかで水かさ増す時には 通れない とか、注意書きありました。
十石、三十石の舟、ここら辺りから走ってました。

0931.jpg

伏見港。この辺りが桜まつりのメイン。屋台と大勢の人で両岸ともいっぱいでした。

0935.jpg

たぶん 北向いて撮った1枚ですが、春のやわらかい陽射しで、影もおぼろげです。
この後、寺田屋辺りで派流から離れました。
人いっぱいでも 1時間弱の軽めの散策でした。

nice!(0)  コメント(0) 

2018/03/26 Johnny Angel

桜は開花からいっきに満開にいってしまいそうな春の暖かさ。
夜のお出掛けも軽装で、お気楽に行って参りました。

今年初めての Jelly Beans Factory.

2040.jpg2043.jpg
2053.jpg2038.jpg

オープニングは サスペンダー。もちろん出囃子から始まりますが、
Tommy ではなく本名で。もうじきこれで... という話もあるそうです。

2曲目は新曲 Claudia Afternoon Blues (略して CAB)
3/4で力強いブルース、なのにメロディアス。いいモノできてますね~

次も3/4, こちらはお馴染みの Milky Way Blues でした。

0891.jpg

もうひとつ新曲 ジュエリー..... ? (冷たい宝石)
これはラテンチックで軽快なリズムとメロディ。これもいいデキです。

今回から JBF が毎月から不定期に変わりましたが、
新しい物どんどん出していこう... の意欲感じます。

2nd set, 出囃子はコーラス。Am でしたか...?
曲は 「ゴンズイに気をつけろ」, これも初めて... ですが、
標題、中身とも如何にも Tommyさんらしくて、良かったです。

2049.jpg2051.jpg

さらに新曲 「バルル」。
ワルツで、バレー音楽でもダンス音楽でもある。いいメロディです。

また雨雲がやってくる・・・, これは久しぶりでした。
ところで、常連のゲスト、今回は不在でした。
その分と言うのはなんですが、このごろJBFではバックにまわっていた
かつきさんが珍しくブンブン鳴らしてました。

2035.jpg
2030.jpg

その真骨頂が ラストナンバー Barefoot Neighborhood.
ドラムソロで始まるのかな~と思っていたら、色鮮やかなベースソロで始まりました。
もちろんすぐにドラムスがついてくるわけで、迫力満点でありました。

アンコール 深海魚の夢 は、いつものようにピアノのイントロだけで深海に誘われる
気分。
しばらく quintet に慣れてましたが、quartet の個々の音もまた聴きどころたっぷりで
いいものですね~

帰り際、次回は と尋ねましたが、やっぱり不定期らしいです。
スケジュールよぅ見ておきましょう。

nice!(0)  コメント(0) 

2018/03/22 Candy

続いた雨が降り止むか、というタイミングの宵、
久しぶりの夜のライブに出かけました。

2017.jpg0887.jpg

杏理さんと 今出さんのデュオ。11月以来です。

歩く道は春にしては寒いのですが、ホールの中は春の気分で、
ピアノ軽やかに How About You で始まりました。

歌はバラッド I Fall in Love Too Easily から。
この季節だから、皆さん好調というだけでひと安心です。

0884.jpg

Like a Lover, バックのピアノが目立たない程度に味を出している。
譜面に書き加えららた記号を基本見ないと仰っていたが、
そうでもないように上手く寄り添っている。

ピアノが低音部だけのイントロでなにかな? と思ったら
Old Devil Moon, お馴染みすぎるナンバーはアレンジ効いてます。

I Didn't Know What Time It Was, 最近レパートリーに入った曲ということで、
これは結構ノーマルな感じ。

Through the fire.
以前も今も、杏理さんのお声にぴったりの迫力のある歌。聴きごたえたっぷりでした。

2023.jpg

前回も出てきた Think of Me - オペラ座の怪人 -
長めの譜面ってことでお話ありましたが、杏理さんもこの曲では譜面台あり。
このちょっとしたことでステージの景色が変わるのを、私は楽しんでます。
歌、もちろん素敵でした。

後半のピアノソロ。ラテン!? なんだろ? と思っていたら、中盤から Spain でした。

歌は 風のとおり道 from トトロ でゆるりと再開。

スローバラッドは You Taught My Heart To Sing.
杏理さんの真骨頂... と聴き惚れるばかりです。

そして、高音階冴え冴えの Lovin' You.

2025.jpg

Love for sale, 前半の一曲と同様、アレンジ効いて、はじめ何だかわかりませんでした。

Wishing You Were Somehow Here Again.
これも オペラ座の怪人 の一曲で、動画見てみると、シーンは墓地なんですね。
意外に短く、あっという間でした。

ラストは All At Once. ホィットニーではなく、ウィットニーなんだそうです。
杏理さんには、テビュー前の曲なんだとか...

アンコール、続いてウィットニーの Run To You.
十八番とは言え、エンディングまで丁寧な歌唱で、いい終演でした。

帰り道、傘はいらないけれど相変わらずの小雨。
でも、いい歌いっぱい聴いて、気分は春目前っていう感じでありました。

------
おみやげはコレ !

post_card.jpg

ポストカード サイズです。

nice!(0)  コメント(0) 

2018/03/21 京の山・仙人工房「空」

太陽が春分点を通過する日、もう少し暖かで陽射しがあれば「春」を感じること
できるのですが、三日続きで太陽は雲に閉ざされたまま。
でも、弦楽コンサートってなにかしら春の予感。
そんな期待感を満たしてくれる「小さな森の音楽会」に行ってきました。

flyer.jpg

プログラム。今回は未知の曲ばかり。
客として出会った我が友人(弦楽奏者)もほぼ知らない曲なんだとか...
ちょっと身辺多忙だったこともあり、予習!? なしで出かけることになりました。

演奏は アンサンブル サウンドドレス の3名による二重奏と三重奏。

オープニングは シベリウス: ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲.

0870.jpg

国はフィンランド。春を待ちわびる気持ちは我々より格段に大きいことでしょう。
ヴァイオリンの勢いある旋律にそんなこと感じていたら、ヴィオラの弓の動きが
普通じゃない。一音一音弓の角度を変えるアルペジオでした。
弦楽演奏って弓の動きがそろっていること多いのに、
伴奏に徹するというのも有り なんですね~

ルイ・シュボア: ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 ホ短調 Op.13

同じ2名による二重奏。3楽章ありまして、組立は案外古風。
音だけ聴いたら、四重奏って思えるほどの多彩な音空間でありました。

ベートーヴェン: ヴィオラとチェロのための二重奏曲 変イ長調
        「2つのオブリガード眼鏡付き」1楽章

0873.jpg

まず、編成が意外。ヴィオラがヴァイオリンに替わって高音域を担うわけではない。
チェロとほぼ対等に、旋律、伴奏は交替繰り返しながら... でした。
そして、構成はベートーヴェンらしく、高音から低音まで幅広く、
『眼鏡付き』と言うのは、しっかり譜面見なけりゃ弾けない難曲である...
見て、聴いて、納得しました。

コダーイ: インテルメッツォ/弦楽トリオ

0876.jpg

ようやく3名揃いました。
コダーイ は ハンガリー。南下すると曲調変わるものですね。
景色の中に働く人が見えている... みたいな感覚です。
もちろん リストの作品なんかに独特なもの感じますが、それが当地の民謡からくるもの
なんですね。

コダーイ: ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 Op.7

0882.jpg

時代は第一次世界大戦 (歴史 殆ど忘れてますが) で、景色の人も平穏ではない。
主旋律は高いところヴァイオリン、低いところチェロと分け合って、
フィナーレにふさわしい力感溢れる演奏でした。

森を感じる音で始まって、しだいに人間味感じる音に変わっていく
面白いプログラムでした。
弦楽曲の幅ってまだまだ広そうで、これからも少しずつ体験して
いいもの いっぱい 見つけていきたいものです。

アンサンブル サウンドドレス のページは
https://sounddress.wixsite.com/sounddress

またどんな企画が揚がるか 楽しみです。


nice!(0)  コメント(0) 

2018/02/04 JK Cafe

最高気温は6℃でしたか...? でも、しっかり陽射しのある午後。
これは出かけてみなくては なんて気分になります。
お店は高槻市ながら、もっとも短時間で行けるところ、しかも昼間。
気軽に出かけました。

1658.jpgflyer.jpg

秦乃里子さんと、初めましてのギタリスト 鷲尾一夫さん。
外の光が眩しくて、店内はずいぶん暗く感じました。

ギター, ピアノの instrumental, Days of Wine and Roses で始まりました。
まったりした昼下がりにぴったりの感覚です。

歌は Gentle Rain. いつもながらの美声にうっとりです。
選曲は鷲尾さんとのこと。いいもの見つけてこられたものです。

Skylark, これも久しぶりな感じ。
ヒバリが遊んでいる姿 思わず目に浮かびました。

1668.jpg1669.jpg

ギターの音はアコースティック、ほんの僅かエフェクトかかってるとか。
なんとも自然体で、乃里子さんのお声に寄り添ういい響きです。

Sentimental Journey, ギターだけの伴奏で陽気で伸びやかに。
そして All of me, お昼の時間がゆっくり流れていく感じです。

1656.jpg

暫しの休憩の後、instrumental duo, There Is No Greater Love で再開しました。
この時間になるとお客さんの出入りは殆どなく、のんびり、ゆったりが店じゅうに
漂ってます。
歌は Lovin' You. 高音域ではなく、むしろ普通の音域で、じっくり聴ける感覚です。
No More Blues (Chega de Saudade), これは乃里子さんの十八番のひとつだったか?
ギターの音色が引き立ちますね~

1667.jpg

ジャンル変えて、Close to You.
やりたい曲と 客が聴きたい曲で構成されるとか... これは聴きたい曲ですね~
ギターだけの伴奏で、ソフトタッチなお声に惚れ惚れです。
ラストはジャズに戻って軽快に、On the Sunny Side of the Street でした。

記念写真。店の奥向いて撮ると、夜の写真になってしまいました。
1673.jpg

終わってほどなく17時でしたが、まさしく明るい表通り。
辺り散策してから帰路に着きました。
こよみで、この日は「立春」。春の兆し感じたいちにちでした。


nice!(0)  コメント(0) 

2018/01/27 Le Club Jazz

平年に比べるとまだまだ寒い日々ですが、それも少しは緩んだかな と思える宵、
久しぶりにル・クラブに行ってきました。
長めのレンズに変えたから、ステージから一番遠いカウンター席。椅子は新品に
変わってました。

ライブは笹井さんのニュー・トリオ。

2002.jpgflyer.jpg
1999.jpg2004.jpg
大塚さんは4年ぶりのお久しぶり、中村さんは お初 でした。

もうひとつの MYM が継続中であろうし、さてナニ変えてこられるのであろう...
そんな興味津々のなか、演奏は定刻に始まりました。

Boplicity, 気持ちいいビ・バップから。乗れますね~
Little B's Poem (だったか?), これもいい感じです。
ここまで結構オーソドックスな感じ... と言うか、ジャズ聴きに来て
まっとうにジャズ聴ける雰囲気。

0798.jpg

そして、あるだろう... と期待していたのは、
In dim light No.1 & 2. トリオ盤のニューアレンジです。
とうとうできた... の感動で、長めの No.1 もあっという間でした。
No.2 で、じっくり紐解いてみたい感覚。
刻みが6だから、6/8 もしくは 3連符 x 2 なんて想像するのが面白い。
で、答えは 3/2. まぁまぁ近かったと言えるでしょう。
プレイは新しい味出てました。鍵盤のリズムとバックのシンクロなんか
ちょっと珍しいと感じました。

休憩かと思ったらもう1曲ありました。Relaxin at the Camarillo (たぶん)。
これはスイング感ありましたね~

2008.jpg

後半はスタンダード Alone Together, Like Someone in Love から始まりました。
これもじっくり聴くと、笹井さん らしさが端々に出てきて面白いです。
ステージから一番遠い所から眺めているので、普通にはお客さんと重なって
しまいますが、長めのレンズで何とかなりました。

1998.jpg

新曲は「隋神(かむながら)」。神のみぞ知る... なんて意味だそうです。
例えば "Argent Ossidato" なんかで、いろんな影響もらっている彼女なので、
そんなに驚きませんが それでも斬新な一曲でした。

バラッドは I Fall in Love Too Easily.
オーソドックスな世界に戻りました。

1997.jpg

ラストは Get Lost and Find Away. ラストに相応しい躍動感ありました。
なかったもの と言えば以前のオリジナル。
ニュートリオに賭ける心意気感じられました。

アンコールは明るいスタンダード。タイトル思い出す前に終わってしまいました。

おしまいは記念写真。
0801.jpg

プレイ中の写真の数々は、結構すました表情を切り取ってしまいましたが、
実際にはこれくらいの笑み溢れる楽しいライブでした。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -